話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

オール1から始まる勇者

木嶋隆太

第四十二話 十六日 開始

 影……それは人間たちだ。
 それも、単純に足を滑らせてとかではない。仮面をつけた恐らくは男と思われる人間は、右手に鎌を持っていた。
 まるで死神を彷彿とさせる鎌に、アジダはリルナを押しやるように前に立つ。
 霊体をまとい、俺は鎌の一撃を防ぐ。
 筋力と体重ののったその攻撃は、確かに力強さはあったが、俺はそれをそらした。


 これはさすがに敵も予想外だったのだろうか。大きく姿勢を崩して着地する。
 尻餅をついた敵は、まだ立ち上がれていない。
 一気に詰め寄る。


 男が後退しながら魔法陣を展開する。
 それには足を止めるしかない。放たれたファイアボールが五つ。
 空気を燃やしながら迫るその火に対して、俺は剣で魔法に触れる。


 剣が燃えながらも、魔法の核を破壊する。それを四つ行い、最後の一つは全身に展開した霊体で受けきる。
 男に距離をつめると、男は背中を向けながら慌てたように顔を顰める。
 だが、俺の霊体を見て限界を悟ったのだろう。振り返り、鎌を抜く。


 再度霊体を展開すると、男は自分が騙されていたのを悟ったのだろう。がむしゃらに振るわれた鎌には動揺が混じっている。
 剣での打ち合いで、俺が押されることはない。相手の縦横無尽の一撃をことごとく跳ね返していく。
 彼の攻撃は手にとるようにわかっていく。
 技術が高いためか、敵との戦闘を繰り返せば手に取るようにわかっていく。
 相手の攻撃を少しずつ覚えていく。


 鎌が上段から振るわれる。次には、受け止めた俺の剣を奪い取るように右へと流れる。
 だからこそ、そこでわざと力を入れ、逆に鎌へ剣をひっかける。
 思い切り剣を引けば、彼の身体が前のめりに崩れる。


 霊体を足へと展開し、彼の腹部を捉える。鋭くめりこみ、彼の霊体がはがれ、民家の壁へと直撃する。
 さすがに破壊するほどではない。彼がうめき声を上げていたが、そちらに構っている暇がない。
 急いでアジダのほうへ向かう。
 彼のほうにもう一人、仮面の女がいた。こちらは、胸のあたりが膨らんでいるのでわかりやすい。


「クッ!?」


 アジダの顔が顰められ、剣と剣がぶつかる。アジダは姿勢を崩しながらも、リルナを壁際に寄せて守っている。
 女は俺に気づくと、すぐさま手に何かを持ってそれを地面へと叩きつける。
 途端に煙が周囲に現れる。


 霊体を全身に纏う。状態異常などはないようだ。
 麻痺、毒、睡眠……それらは霊体の身体をまとっていても通用してしまう。
 煙の中でも敵の様子はおおよそわかる。耳をすましながら、かけて剣を突き出す。
 何かに掠ったが、敵は逃げるのに徹しているのかそれ以上追うことができない。


 ……目的達成ができないと判断しての避難か、そもそもねらい自体が違うか。
 どちらにせよ、煙が晴れたそこにはもう誰も残っていない。
 念のために警戒をしていたが、街には静けさだけが支配していた。
 ……これ以上の警戒は時間を無駄にするだけか。


「さすがに時間もギリギリになってきたね。そろそろ闘技場にいかないと楽しい旅行がなくなりそうだ」
「……そうですね。急ぎましょうか。さっきのについては、また後でゆっくり話しましょう。アジダさん、そのときには同席していただけますか?」
「よ、良いのですか!? もちろんです!」


 彼は子どものように微笑み、それから俺に肩を組んできた。


「平民よ。おまえは良い奴だな」
「……都合のいい奴め」


 苦笑しながら彼らとともに急いで闘技場へと向かう。
 会場へ向かうと、ちょうど試合が終わりそうなところだった。これからあと十分程度はインタビューの時間となるため、呼吸を落ち着かせるのには十分だ。
 アジダも俺の次のブロックということで、既に参加者控え室まで同じように行く。


 通路を歩き、俺のブロックの参加者がいる部屋近くにいくと、うっとアジダが唸った。


「どうしたんだ?」
「い、いや……その」


 アジダの顔色が突然悪くなる。リルナだと気づかずに声をかけていたときのようだ。
 アジダの視線の先では、アジダに似た顔をした凛々しい男がいた。
 彼は長剣を背負っていたが、霊体なしでは扱えないと思われるほどに体は細い。
 そんな彼が、俺とアジダに気づくと鼻で笑った。


「アジダ。貴様、自分の負けた相手とよくもまあ一緒にいられたものだ。貴様のせいで、兄である俺までも、クラスの連中から馬鹿にされたのだぞ? わかっているのか!?」


 通路で怒鳴り散らし始めた彼に、頭が痛くなってくる。
 こっちは早く控え室にはいって休みたいのだ。先ほどの戦闘にそれほどの疲労はないとしても、これからの戦闘ではさらに集中力が必要になるのだ。


 アジダはすっかり小さくなり、今にも泣き出しそうな顔であった。
 さらに彼はアジダへと攻めたてていく。脇にいる俺など完全に無視だ。
 そして、彼が拳を振り上げる。


「シンフォニール家の恥さらしめがッ!」


 怒鳴った彼がアジダの顔へと拳を振りぬく。
 さすがに黙ってみているわけにはいかなかった。
 彼の拳を霊体をまとわずに止める。


 こっちにきてからどれだけ身体を鍛えていると思っている。霊体をまとわずに、どれだけ剣を振っていると思っている。
 この程度の拳、容易に止められた。


 真っ赤な顔をしていた彼――グランド・レイフォル・シンフォニールはたちまち声を荒げた。


「貴様が、ハヤトとかいう平民だな? その手はなんだ? 家の問題――それも貴族の問題に首を突っこむつもりか? どんな身分だ?」
「いや……別に、そういうわけじゃないですよ。グランドさんのブロックはどこですか?」
「Fだ。貴様、俺と同じはずなのに、何も知らないんだな。対策をたてなくても良いのか?」


 自慢げにグランドが言う。
 ……良くはわからないが、たぶん、昨年度の成績が良いとかだろう。
 だから、俺は言ってやる。


「別に必要ありませんよ」
「……なんだと? この俺、昨年度九位の対策が必要ないなんて、すでに諦めているんだな? アジダはうちのおちこぼれだが、それでもシンフォニール家の人間だ。そいつを倒したという貴様を倒しておかなければ、うちの評価は下がったままになるからな」
「たぶん、評価は変わらないと思いますよ」
「……あぁ?」
「それにしてもあなたが昨年度九位ですか。昨年度のほうが大会はラクそうでしたね」


 続けるようにいうと、いよいよ彼は面白くないとばかりに腕を組む。さらには、両目をつりあげ俺を射殺さんとにらんでくる。
 くすくすと苦笑してやると、それがまた怒りを誘うようだ。


「アジダを責めるのはやめたほうがいいですよ。……あなたも同じ立場になるんですから」
「……平民の分際でよくもまあ吠える。……取り消すなら今が最後だぞ?」
「それは俺の台詞ですよ。ここでアジダに手を出さないとしてくれるのなら、俺はあなたを狙いませんよ?」


 グランドは眉間に皺をつくり、さらに青筋を浮かべて苛立ったようにその場で床をけりつけた。


「……始まるまでの間、精々そこで謝罪の言葉でも考えているんだな」
「……そうですか」
「例え俺はただの平民であっても、手を抜くつもりはない。完膚なきまでに潰してやる」


 グランドは舌打ちを残して去っていった。
 がくがくと震えていたアジダの肩を掴む。


「大丈夫か?」
「あ……ああ、ありが……とう」
「とりあえず落ち着け、呼吸を整えるために飛び跳ねてみろ」
「むしろ荒くなるわっ。……ああ、ありがとう。落ち着けた」


 無事を証明するようにアジダが片手を俺のほうに向けてくる。
 控え室に入る気も起きず、アジダとともに廊下の壁に背中を預けると、彼はぽつりと呟いた。


「……あれは、俺の家の次男の、グランド兄さんだ」
「話を聞いていればわかったよ。色々と大変そうだな。貴族の家に生まれなくてよかったよ」


 言いながら、少しばかり罪悪感があった。
 俺は彼を見世物にする……というわけではないが、自分の力を見せつけるために利用したようなものだ。
 ……そのせいで、彼の家での立場が悪くなっているのだとしたら、せめてこの件に関してだけは彼の味方にならなければならない。
 アジダが腕を組み、それからそっぽを向いた。


「俺が平民に感謝など滅多にしないんだ。精々ありがたく受けとっておけよ」
「そうかい」 
『Eブロックの参加者による挨拶が終わりました。Fブロックの参加者の方がはすぐに準備してください。繰り返します――』


 そんな放送が耳に届いた。音の聞こえるほうへと視線を向けながら、俺は壁から背中を離した。


「……それじゃあ行ってくるかね」
「ああ。俺は負けないからな。……だから、明日のリーグ戦まで行くぞ。そこで……もう一度再戦だ」
「俺一人だけじゃリーグ戦はできないだろ?」
「おいっ」


 そもそも、リーグ戦に進んだところで、同じリーグに入るかどうかもわからないが。
 片手をあげて彼と別れると、控え室から続々人が出てくる。
 貴族と平民は半々といったところか。武器を見れば、おおよそ貴族か平民かはわかるものだ。


 ……にやりとグランドの笑顔は黒く飾られる。
 なんだ? 彼のどこか怪しい笑みに、俺の中で疑問がふつふつとわきあがる。
 その波にまざって、真っ直ぐに闘技場の会場へと向かっていく。


 熱気と歓声が続々と耳を破るようにぶつかってくる。通路の先に光りが見え、やがて歓声が大きくなっていき……日差しが目に飛び込んでくる。
 同時に自分を囲むようにいる客たちに、しばらく目が奪われる。
 ……本当に凄い人気なんだな。


 やがて、競技に参加する俺たちを応援する声へと変わっていく。
 俺を応援しているわけではないのだろうが、それでもこれだけの声を、視線をぶつけられると嫌でも意識してしまうものだ。


 まあ……それでも、このくらいの緊張があったほうが良い。
 ――負ければ盛大な恥となる。
 それを理解して俺は、しばらくその独特の空気の中にいた。
 司会の人間が簡単に紹介をしていく。……その紹介にあがるのは、有名な人間だ。


 もちろん、そこにグランドの名もあがっている。
 グランドが手をあげると、観客席の女性の黄色い歓声が響く。
 あいつらに恨まれないことを祈るしかないね。


『さぁ! それでは試合を始めましょう! みなさま、一定の距離をあけてください!』


 いわれるがままに、俺は全体を見回しながら壁に背中を預けるように移動する。
 なにやら先ほどから、ちらちらと俺を見る視線が多い。
 俺はいつもとは違い、両手に剣を持つ。
 ある程度の確信を持ちながら、俺は始まりの瞬間を待つ。
 ……全身に霊体を展開しながら俺は、実況の言葉に耳を傾ける。


『みなさん! それでは準備は良いですか!? では始め!』


 実況の言葉と同時に、その場にいた人たちが動き出す。
 そして、俺のほうへ平民、貴族のどちらもが襲いかかってきた。



「オール1から始まる勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く