最弱賢者の転生者 ~四度目の人生で最強になりました~

木嶋隆太

第13話 体ぺたぺた


しばらく体ぺたぺた攻撃が続く。
くすぐったさに、良く吹き出さなかったと自分をほめたい。
しばらくしたときだった、肩が揺らされた。

「ロワールさん、ロワールさん……起きてください」
「……ん?」

俺は今起きましたという空気をばりばりに出し、目をあける。
なんなら、ふわっと嘘のあくびまでかましておいた。

目を開くと、ヒュアの顔がわりと近くにあった。

「わっ、す、すみません!」

ヒュアも、そこまでは考えていなかったのか、驚いた様子で距離をあける。
彼女の頬はわずかに赤かった。

「おはよう、久しぶりによく寝たな。もう、滅茶苦茶快眠だったぜ」

背中を伸ばし、俺はそんな完璧な演技をしておいた。

「そ、そうですか? それなら、よかったです。その、夜中とか起きなかった?」
「……俺起きたか? 悪い、何か迷惑かけたか? 起こしたか?」
「ううん、違います。その、私少し寝相悪かったみたいなので……それなら良かったです」

す、少し……。
しょっぱなの肘鉄を思いだしが、ほっとしたようにヒュアが息を吐いていたので黙っておいた。
柔らかな感触を体験することはできたからな。ダメージと合わせて同じくらいだろう。

ヒュアはそれからベッドに戻ったあと、もじもじと髪を弄っている。
時折、視線を部屋に置かれた鞄へと向けている。

ヒュアの着替えなどが入っている鞄だったはずだ。昨日もそこから衣服を取り出しているのを見ていた。

「ちょっと、外行って顔洗ってくる」
「はい、わかりました」

俺がいてはヒュアも着替えができないだろう。
俺のナイス気遣いだろう。
それに、ヒュアはパジャマに着替えている。
あまり長く見せたいものでもないだろう。

廊下にでた俺は外で顔を洗った後、俺も上着を脱いで軽く洗っておく。
その後、魔法で温風を作り、すぐに乾かした。

あとで、下着類も洗っておこうか。
そんなことを考えながら、部屋へと戻る。
ノックをして確認すると、もう少し待ってほしいといわれたので部屋の前で待機する。

廊下でしばらく待っていると、他の部屋からでてきた冒険者が俺を見てきた。
あまり好意的ではない視線だ。

「なんだ、見ない顔だな」
「昨日、この町についたロワールっていうんだ。これからしばらく町にいるつもりだから、よろしくなー」

できる限りフレンドリーに声をかけると、冒険者はじっくりと見てきた。

「なんだ? まさか、そっちの趣味か? 悪いな、俺はそういうのはちょっと……」
「ちげぇよ! ……おまえ、ヒュアさん狙いの男だな?」
「……どういうことだ?」

俺がそういうと、彼は鼻で笑った。

「すっとぼけんなよ。おまえみたいなやつが、これまで何人もヒュアさんに声をかけては撃沈しているんだよ。おまえみたいなのは無理無理」

彼は先ほどからしきりにヒュアの部屋を見ていた。
そして、俺がヒュアの部屋前で待っているから、その結論に至ったようだ。

冒険者は無理無理、と片手を左右に振っている。
ヒュアが人気者、といったようなことをロニャンは言っていたな。
なるほど、彼もヒュアとパーティーを組みたがっている冒険者の一人なのかもしれない。

「そっか。肝に銘じておくよ、ありがとな」
「あんまりしつこい男は嫌われるぜ? わかったら、さっさと自分の部屋にでも帰りな」

ここが俺の部屋だからなぁ……。

「少しだけここで休んでから向かわせてもらう」

そういうと、彼の目つきが鋭くなる。どうやら、俺がどかなかったのが気に食わないようだ。

「いいか? ヒュアさんに声をかける権利はな、毎日下で争ってんだよ! 俺たちはじゃんけんで勝って、その権利を手に入れたんだ! 話したいなら、まずはルールを守れってんだ!」

それ、ヒュアが許可を出しているのだろうか?
……いや、出してないだろうな。
勝手に権利を賭けて戦う、か。

どの時代でもそういう輩はいるものなんだな。
勇者の旅をしていたときは、誰も許可を出していないのに、勇者の前に列をつくって、握手を求めてきた人がいた。
その列について、「俺が先だ」なんて争っているやつがいて……今の彼らはそれに似ているな。

彼が胸ぐらを掴んできたところで、扉が開いた。
途端、男は笑顔を浮かべた。

「あっ……あああ、ヒュアさん! おはようございます!」
「……おはよう、ございます」

ヒュアの冷めきった視線が冒険者に向けられる。
……今までに見たことのない冷たい視線。それに冒険者は何やら快感を覚えてるようだ。

変態かこいつは。

「なに、しているんですか?」
「ヒュアさんっ! こいつが、ヒュアさんをストーカーしてやがるんですよ! 俺が守ります!」
「ロワール、さん? どういうことですか?」

ヒュアが訳わからないと言った様子でこちらを見てくる。
俺もわからん。なぜ俺がストーカーになっているんだ。

「ここで待っていたら、誤解されちゃってな」
「そうなんですね。……あの、その方は私の大切な仲間なので手を離してくれませんか?」
「え?」

男が驚いたように力を抜く。
俺は彼の手から逃れ、軽く首をひねった。

「まあ、そういうわけなんだ。悪いな」
「え? え?」
「ロワールさん。着替え、終わったので中入っていいですよ」
「そうか? それならよかった」

これ以上、ここにいても妙なやつらに絡まれるだけだしな。
見れば、廊下はざわついている。
ヒュアが俺と話しているのがそんなに衝撃的なのか?
俺に絡んできた冒険者が、口をぽかんと開け、

「ひゅ、ヒュアさんと男が……話している? な、なんで?」
「宿に空きがなかったんでな。ヒュアに頼んで相部屋にしてもらったんだ」
「あ、相部屋!?」

簡単に説明してから、俺はヒュアとともに部屋へと入った。
ヒュアははぁ、と大きくため息をついた。

「すみません……ロワールさんに不快な思いをさせてしまって」
「ヒュアが悪いわけじゃないんだし、気にするな。それにしても、大人気だな」
「……恥ずかしながら」

ヒュアは耳を真っ赤にして、ベッドに腰かける。
別に人気者なのは悪いことではないんだがな。

「最弱賢者の転生者 ~四度目の人生で最強になりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く