俺(私)のことが大嫌いな幼馴染と一緒に暮らすことになった件

木嶋隆太

第36話 私は幼馴染と映画を見る


今週の土日は、両方とも遊びに行くことになった。
土曜日は、最近話題になっている映画を見に行き、日曜日は近くで話題のお店に食事へ行く。

春休みあまり遊べなかった分、これから遊ぼうということになった。
そして、明日は映画を見に行くのが、これが続編物らしい。
鈴曰く、別に1を見ていなくても、いきなり見ても話しはつながるらしい。

……といっても、私はこれでも結構真面目なほうだ。1もきちんと見てから2を見たかった。
だから私は一人見ようと思っていたのだが――。

む、むりぃぃ。開始五分ですでに心臓がバクバクしていた私は、一時停止をした。

「ぎゃあ!」

ただ、一時停止した場所も悪かった。ちょうど怖い顔がドアップになっていて、私はぶるぶると震えてしまった。
……すぐさまリビングから避難した私だったが、このまま一人で視聴するのは無理だと判断。

助けを求めるため、階段をのぼっていった。
……いや、助けを求めるわけではない。
別にホラーが苦手なわけじゃない。私は自分にそう言い聞かしながら、階段をあがる。

私としてはこれを一つの機会としておきたかった。
そう、湊との仲をどうにかするためだ。
……扉の前にたった私は、そこで足を止めてしまう。

まず浮かんだのは、恋する乙女の表情を浮かべていた花だった。
花のあんな顔は、初めてみた。どこか緊張したような、どこか照れたような……本当に湊のことが好きなのだろうか?
……私はすぐに首を振った。あくまで、仲が悪いのを改善するために私は誘うだけだ。

やましい気持ちは、何もない。

次に浮かんだのは、湊の怒りの表情である。
……映画は見終わるまで二時間近くかかる。湊……嫌な顔をしそうだなぁ。
私は何度も深呼吸をしたあと、扉をノックした。

「夏希か? 何か用事か?」

返事はわりとすぐに返ってきた。
私が扉を開くと、椅子をこちらに向けた湊がいた。
ラフな格好で、勉強机に向かっている。
見慣れた仏頂面の彼に、私は問いかけた。

「……少しいいですか」
「なんだ?」

いきなり一緒に映画をみたいというのは、さすがに恥ずかしい。
まずはこちらの事情を説明したほうがいいだろう。

「明日土曜日に、花さんたちと映画を見に行くという話しになったんですが」

そういうと、湊は眉間を寄せる。
ま、まずい。あまり良い感触ではない……。

「見る予定の映画が、2なんです。……だから、1を見ようと思ったんですけど、思ったよりも怖くて……。一緒に見てくれませんか?」

湊の表情が固まった。
頬が一瞬ひくついたが、彼はそれから椅子から立ち上がった。

「わかった、今から行く」

……やった、とは思ったけど湊の表情はあまり芳しくなかった。





私は皆とともにソファに腰掛けた。
……な、何気なく座ってしまったが、私はほぼ無意識に彼の隣に座っていた。
湊がちらと一瞬私を見てきた。すぐに離れようと思ったけど、湊はすぐにテレビのほうに視線を戻した。
……大丈夫、そう?

何も言われなかった私は、やはり怖いので湊の隣に座って見ることにした。
映画が始まるまでの間、湊はスマホを弄っていた。
そして、私の肩を軽くつついてきた。
視線を向けると、彼は2の映画の紹介ページのレビューを一つ見せてきた。

「無理に、見なくても大丈夫そうだぞ?」

そ、そこまで私と映画を見たくないのだろうか……。
私は軽く落ちこんでいたが、ここまで来たらヤケだった。

「……一応、見ておきたいです」

わかっている。
これは私のわがままでしかないということを。けど……少しでも前に進みたい。

私のそんな小さな気持ちとともに切り出した言葉は、きっと湊にとっては些細な一言に過ぎないんだろう。
私は、テレビに集中する。
少しして、また怖いシーンになる。

怖くて、よろよろと湊の服を掴む。湊がぴくっと反応して、一瞬目があった。
ただ、湊は何も言わず、気づいていないかのような態度とともにテレビに視線を戻した。

……うぅ、ちょっとくらい意識してくれたらいいのに。


          

「俺(私)のことが大嫌いな幼馴染と一緒に暮らすことになった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く