家族もチート!?な貴族に転生しました。

夢見

4話 お勉強Part3


夕食の時間にアルフレッドは楽しそうにシオンに話しかけた。
「エミリアから聞いたがもう魔力を感じることが出来るようになったんだって?さすがシオンだな。父さんは感じるだけで2週間くらいかかったんだがな。」
相当、我が子の成長がうれしいみたいだ。
「そうだったのですか?意外と簡単でしたよ?」
感想を言ったつもりがアルフレッドを挑発しているような形になってしまった。アルフレッドは気にしていなかったが。
「そうだ。父さんのステータスも見せてやろう!」

「ステータス表示」


【STATUS】


name アルフレッド・エヴァンズ
sex. 男   race. 人族     age. 31
Lv.126

HP:1,864,000/1,864,000
MP:720,000/720,000

【スキル一覧】
・一般スキル
片手剣術Lv.8
体術Lv.8
身体強化Lv.8
威圧Lv.8
物理耐性Lv.7


・魔法スキル
火魔法Lv.6
生活魔法

・固有スキル
武の才

【加護】
武神の加護Lv.4

【称号】公爵家当主  英雄  守りし者 SSランク冒険者


アルフレッドの方も化け物である。脳筋的なところはあるが圧倒的なHPは圧巻であった。
「さすが、お父様ですね。」
エミリアの時と同じような対応になってしまったのは仕方のないことだろう。
「明日の朝は、父さんと一緒に剣術の鍛錬をしようか。まずは体力作りからだから今日は早く寝るんだよ?」
「わかりました。」
アルフレッドのステータスを見せてもらったり、楽しく食事を済ませ3人とも各個人の部屋へと戻っていく。

戻ったシオンはアルフレッドに言われた通りすぐにベッドに入った。しかし、眠れるような気が全くしない。
魔法について、学び自分も使うことが出来るということに予想以上にワクワクしていたみたいだ。明日の剣術だって楽しみなのは間違いないだろう。
結局すぐには寝ることが出来ず1時間ほど布団の中でごそごそしていた。まだ幼い身体ということもあり、睡魔に襲われ知らないうちに夢の中なのであった。

「シオン様。おはようございます。朝ですよ。」
寝るのがいつもより遅かったせいでメアリーに起こされるまで全く起きる気配のなかった。
「ふわぁ、おはよう。」
メアリーに挨拶をしていつも通り準備をする。“今日は剣術だ!”と意気込んでいるシオンをメアリーは微笑ましく思ったのだった。
「シオン様。ダイニングに向かいましょうか。」
剣術のことで頭がいっぱいだったシオンは、メアリーにそう言われるまで全くその場から動く気配がなく傍から見るとボーっとしてしているようだった。




########
また読んで頂いている方新規の方
ありがとうございます 

誤字脱字&文章がおかしいなどありましたら感想に指摘をお願いしますm(*_ _)m
########

「家族もチート!?な貴族に転生しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く