家族もチート!?な貴族に転生しました。

夢見

1話 始まり

始まり


詩は目を覚ました。
「ふわぁ、よく寝た。」
ん?あれここ何処だっけ。辺りを見渡し豪華な装飾が施された部屋を見て目を見張った。

コンコンコン
「失礼いたします。シオン様、おはようございます。」
メイド服を着た女性が部屋に入ってきた。
「あー!!」
メイドを見て詩は色々なことを思い出した。神様の手違いで死んでしまったこと。この世界に転生させてもらったこと。この世界が剣と魔法のファンタジーであること。そして、自分が今シオン・エヴァンズという名であること。
「どうかされましたか?」
詩改めシオンの大きな声にびっくりしたメイドがシオンに話しかけた。
「なんでもないよ。メアリー準備をお願い。」
彼女はメアリー。シオンのお世話係りである。メアリーは“かしこまりました”とシオンの身の回りの準備をする。準備といっても髪を整えたり、パジャマから着替えるのを手伝ったりだが。10分と掛からないうちに準備を終え、朝食をとるためにダイニングへと向かう。

「あら、シオン。おはよう。」
ダイニングに向かっていると後ろから声をかけられた。
「おはようございます。お母様。」
声をかけてきたのはシオンの母のエミリア・エヴァンズであった。シオンは、エミリアと話をしながらダイニングに入り席に着く。
「おはよう。エミリア、シオン。」
ちょっとしてから入ってきて声をかけてきたのが僕の父でこの家の当主アルフレッド・エヴァンズである。アルフレッドも席に着き、話をしながら楽しく食事が始まった。

ここで、少しこの世界と我が家について説明しておこう。
この世界は、フォーストというらしく、大きさで言うと地球の10倍ほど、そしてフォーストには3つの大陸が存在する。一つ目が、僕たちが住んでいるメール大陸。このメール大陸は、主に人族が住んでいて、国家は大小合わせて10程度。二つ目に、ミア大陸。ミア大陸には主に獣人族とエルフ、ドワーフが住んでいる。今はあまり関係ないため詳しい内容は割愛する。三つ目が、マスト大陸である。マスト大陸には、魔人族が住んでいる。魔人族の王は、魔王だがファンタジー小説であるような悪者ではなく一国家の王様らしい。
大陸ごとに住んでいる種族が違うがこれは生まれがほとんどその大陸というだけで人族の住むメール大陸にも魔人族の国は存在する。だから、あまり度の大陸にはどの種族というのは関係ないみたいだ。
そして、この家のことだがなんと公爵家であった。アルフレッドとエミリアは世界でも十数名しかいない、SSランク冒険者であった。この国の現国王がまだ王子だったころ一緒に冒険をしていてその時この国に降りかかった危険をたくさん助けたことで公爵を受け賜わることになった。平民が急に公爵になることの反感や反対意見が結構あったらしいがSSランクの冒険者ということや王子のもうプッシュがすごかったことなどがあり、結果的に言えば公爵になったらしい。次に家族構成だがアルフレッドには、奥さんが2人いる。1人がシオンを生んだエミリア、もう1人がアリティア・エヴァンズ夫人である。彼女は、エミリアとも仲が良く当時アルフレッドと結婚していたエミリアにアルフレッドのことが好きというのを告げると意外にも“第二夫人ならいいよ”という許しも出たとかで今に至る。
アリティアにも、子供がおり今は王都の学校に通っているため王都の屋敷に住んでいる。シオンより年上なのだがそれは、エミリアの体質上子どもができにくかったらしくシオンができたのは奇跡だったとか。

「...ン、シオン?ボーっとしてどうかしたのか?」
アルフレッドに話しかけられ集中しすぎていたことに気づいたシオンはハッとした顔をしてなんでもないと謝った。
「それなら、いいが。後で話があるから書斎に来てくれ。」
アルフレッドは、そういうと仕事が忙しいのか早足でダイニングを出ていきエミリアも、アルフレッドの後を追うように部屋を出ていく。残されたシオンは、呼ばれたことについてなんだろうと思いながらも美味しい食事を堪能した。








作り直しましたm(*_ _)m

もう一度読んでいただけるとありがたいです!


名前安価ですが、実はこういう意図が…

詩を音読み⇒詩音読み⇒詩音⇒シオン

「家族もチート!?な貴族に転生しました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く