【異世界転生、いぢめられっ子だった俺に人生最大のモテ期襲来、でも、俺女の子になってます!エチエチな事がしたい一心で魔王を倒す事にしました(旧名ガンスリンガー)】

島風

第16話 エルアラメインの試練のダンジョンへの入り口

俺達はエルアラメインの試練の塔に着いた 

 島村達は南の離脱に何も言わなかった

 島村は須田のした事がわかっていたのだろう

 だから、責任を感じていて、南を引き止めなかった

「南、行くよ」

俺が切り出す

「いっきに10階層迄行こう」

「え!いきなり」

「大丈夫だよ」

1階層、アルナロックと同じキラーラビットが出た

「南、音、うるさいから、最初は耳塞いで」

俺は銃を出した

「えっ?」

南が驚く

「俺の主武器は銃なんだ」

「......」

俺は3発発砲した。全て1発で命中した

 今の俺にはキラーラビットの動きは緩慢に思える

「高野君、本当に強くなったのね」

こうして俺たちは10階層まで簡単に進んだ

 途中、グリムノート魔導書の回復魔法『ヒール』、

 異常状態回復『クリア』、攻撃魔法『フリーズブリッド』

そしていくつかの武器や防具を手に入れたが、南用以外捨てた

「高野君、武器や防具本当にいいの?」

「俺、『魔力障壁』のスキルあるから、常時鎧着ている様なものなんだ」

「この塔の10階層の魔物でも俺に傷をつける事はできないよ」

「呆れたな。どこまで強くなったの?」

「南もこの塔の真の試練を受ければ多分もらえるよ」

「......」

南は目を伏せた。何を考えているのか俺には読み取れない

 こうして、俺たちは10階層まで進んだ

 10階層の階層主は瞬殺した

「真の試練への扉を見つけたよ」

「扉?」

「この壁だけ色が違うだろ?」

南が壁を見た

「本当だ」

その通り。10階層の階層主を倒した後、壁の色が変わった

「これ、押して見よう」

「南、近くに来て」

「うん」

「じゃ。南行くよ」

「待って、手を繋いで」

「あ、ああ」

少し恥ずかしい

 俺が壁を押す

「あ!」

俺は壁に吸い込まれる

 そして、南も引っ張られ、壁に吸い込まれた

 こうして俺と南は真の試練のダンジョンに入る事ができた

「【異世界転生、いぢめられっ子だった俺に人生最大のモテ期襲来、でも、俺女の子になってます!エチエチな事がしたい一心で魔王を倒す事にしました(旧名ガンスリンガー)】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く