楓と葉霧のあやかし事件帖〜そろそろ冥府へ逝ったらどうだ?〜

高見 燈

第29夜  ソイツは闇喰い

 ーー【螢火商店街】

 商店街はカフェモンドールなどがある通りの脇道にある。
 楓と葉霧は、観光客などの多いその商店街に入る。

「いつもより人……多くね?」

 楓は賑わう商店街の様子に目を丸くした。

 完全に常連客になった【焼き鳥屋 とりたみ】は源。と言う主人がやっている店だ。

 店先で炭火を焚き、網で焼きながら商売している。今も……順番を待つ人達でいっぱいだ。

「あ~………焼き鳥~~~」

 もくもくと上がる白い煙。
 炭に滴る特製タレの甘辛い薫りに楓はふらふらっと足を奪われる。

「オイ」

 葉霧はイラッとした表情。
 その声も張る。楓のパーカーのフードを掴むと引っ張る。

「なんだよ! 焼き鳥盛り合わせ!」
「目的が違う。」
(朝メシ食ったばかりだよな?)

 学園で人一倍……朝食を平らげた後だ。
 僅か……一時間弱の事。

【小料理屋 忍】に着くまでずっとそんな感じであった。
 匂いに誘われ……ショーケースに並ぶ商品に誘われ……ふらふらっと。

 その度に、葉霧がフードを掴み引っ張った。完全なリードである。

 その店ーーは、商店街の中ほどにあった。
 落ち着いた佇まいの店である。

 まだーー昼前だと言うのに暖簾は掲げてあった。藍色の暖簾には【忍】の一文字。

「ここだ。」

 葉霧は店の前で立ち止まる。

「商い中。やってんじゃん! 酒!」
「だから。まだ昼前だから。」

 楓は大酒飲みだ。
 次郎吉と良く呑みに行く。

 葉霧は店の戸を開けた。

 カラカラ……と、音を立てて木戸は開く。

 カウンター席のみの本当にこじんまりとした店内だ。

「いらっしゃい。」

 出迎えたのは藍染めのすすき模様の着物姿の女性だ。物腰柔らかそうな落ち着いた雰囲気の和服美人。正に……その言葉が似合う。

 一瞬。ナチュラルなメイクを施した目が大きく開く。
 グレーに近い瞳をしている。

「あら? 珍しいお客様ね? どうぞ。」

 店内にはお客が一人。

 カウンターの奥の方に座っていた。
 コの字型のカウンターは、湯気のたつ大皿の料理が幾つも並んでいる。

 楓は戸を閉めた。

「失礼します。」

 葉霧は女性の前に座る。

 丁度いい高さの舞椅子だ。
 楓は葉霧の隣に座る。

「鎮音さん……の、お孫さん? よね? 此方は……鬼娘。」

 女性はにっこりと微笑む。
 楓と葉霧を見ながら。

「知ってるんですか?」
「ええ。貴方達有名よ。」

 女性はおしぼりを交互に渡す。

「なにが有名なものか。人間とつるみ荒らしてるだけだ!」

 カウンターの奥の方から怒鳴る声。
 真っ赤な顔をしたスキンヘッドの男だ。

 怒りなのか酒で赤いのかわからないが、顔は真っ赤。口元に黒いちょび髭。

 目は据わっている。

「もっちゃん。おやめ。」

 女将ーー忍が男を制した。
 怒鳴る訳ではなく叱りつける口調だ。

「もっちゃん??」

 楓はきょとんとした。

「ええ。茂吉もきちって言うのよ。でも今の時代には合わないでしょ?だからもっちゃん。カワウソなの。」

 ぐび……

 もっちゃんーー茂吉は、お猪口の酒を飲み干した。

「カワウソ?? タコかと思った! 茹でダコ!」
「てめぇ! 頭見てから言うなっ!」

 楓の声に茂吉は怒鳴りつけた。

(………カワウソ……はもっと可愛いよな?)

 葉霧は首を傾げる。

 フフフ……

 忍は控えめな笑い方。
 口元に手を置いて笑う。
 何とも色香漂う御方だ。

「何か飲む?」

 忍の声に楓は顔をあげた。

「オレ……冷酒! しかも鬼殺し。」
「楓!」

 葉霧が声をあげた。
 次郎吉に勧められーーすっかりお気に入りのお酒に、なった。

「え? ダメ?? 小料理屋なのに??」
「烏龍茶二つ。」

 楓は、葉霧をうらめしそうな顔で覗く。
 葉霧はさっさと注文する。

「マジか………鬼だ………」
「鬼はお前だ。」

 楓はカウンターのテーブルに頭をついた。

 フフフ……

 忍はそんな二人を見ると笑う。

(飼い犬とご主人様ね。完全に。)

 忍は氷を入れると、烏龍茶をグラスに注ぐ。二つ。

「酒も飲まねぇのが何でここに来たんだ?」

 茂吉は徳利でお酒を注ぐ。
 お猪口に。

「少しーー聴きたい事があるんですが……」

 葉霧は烏龍茶のグラスを受け取る。
 忍を強く見据えた。

「あら? 私に? 何かしら?」

 忍は伏せっている楓の前にグラスを置いた。着物の袖を掴みながら。

 楓はその音に顔をあげた。

(ホントにお茶……烏龍茶………。焼酎入ってねぇかな??)

 楓はグラスを持つと口につける。

 がっくりと項垂れた。

「昨日……奇妙なモノを視ました。」

 葉霧は楓の事は放置だ。
 隣にいるから視界に入る。

「ウワサ……は聞いたわ。人間が暴れたって……」

 忍は鼈甲の簪をつけている。
 首を傾げると鈴の音が響く。
 簪には、小さな鈴がついている。

「そんなもん。日常茶飯事だ。毎日のように殺人だ、強盗だ、暴力だ……ニュースになってる。そんなんでイチイチーー俺達あやかしのせいにされたら、溜まったモンじゃねぇ。」

 吐き捨てる様に言ったのは茂吉だ。
 葉霧は茂吉に視線を向けた。

「そんなつもりは無い。ただ……知りたいだけだ。」

 たんっ!

 茂吉はお猪口をテーブルの上に乱暴に置いた。

「知りたい?? 何の為にだ! 退魔師一族がまた正義でも振りかざして、あやかし退治か!?」

 茂吉の口調は、荒い。
 それにーー葉霧を強く睨みつけている。

 忍は袖に手を通し黙って聞いていた。

「言っとくが……あやかしが大暴れして人間に危害を与えてたのは昔の話だ! 今じゃみんな大人しく暮らしてる。所帯持ってこの世界で生きてる奴もいる!」

 身振り手振り。
 茂吉は興奮しているのか葉霧を睨み捲し上げる。

「わかっている……。力の無い俺に、手を出して来なかったのも……あやかし達が変わったからだと理解してる。殺そうと思えば殺せた筈だ。」

 葉霧の眼は強いーー。
 茂吉を見据え何よりも堂々としている。
 自分への中傷を受け入れている。

「ああそうか。そこまで言うならお前。この街に棲むあやかし達を……護ってくれるんだろうな?」
「茂吉! いい加減にしな!」

 キッーーと、鋭い眼差しで睨むのは忍だ。
 その口調も強い。

 茂吉は黙った。

「ごめんね。茂吉は絡み酒なんだ。悪く思わないでね。貴方だけじゃないから。いつも喧嘩になるのよ。」

 忍の声に茂吉は不貞腐れた顔をしている。

「いえ」

 葉霧は忍に笑いかけた。

「あのさ~……護る。護らねぇもねぇんじゃねーの? 葉霧は退魔師だけど……神じゃねぇからな。」

 楓はからから……とグラスを揺らす。
 氷が揺れる。

「人を喰って生きてきたオレ達が……人間に護って貰おうなんて考えるのが間違いだ。協力はアリだけどさ。」

 楓は烏龍茶を飲む。

「そうね。自分の事は自分で。茂吉。私達は腐ってもあやかしだよ。それがことわりだ。」

 忍はーーとくとく。
 お猪口に冷酒を注ぐ。
 それを楓の前に置いた。

「ちょ……忍さん!」

 葉霧がぎょっとして止めた。

「一杯だけ。」

 ぱちん。

 忍は葉霧にウィンクした。
 にこっと笑いながら。

(いやいや……)

 葉霧はため息つく。

「いいのか!?」
「私も飲むから。」

 忍の手にはお猪口。
 かつん。と、楓と合わせる。

「そんな事は………わかってるさ。」

 茂吉はぼそっとーー話だした。

 お猪口にお酒を注ぐ。

 葉霧は茂吉に視線を向けた。

「こんだけ穏やかな日々が続いたんだ。それが……もしかしたら失くなるかもしれないなんて……」

 茂吉は頭を押さえた。
 少しテカるその額を。
 徳利を置いた。

「茂吉……。あんた、なんか知ってるね?」

 忍はお猪口を台の上に置いた。
 目の前には作業出来る台がある。

 茂吉はーー静かに息を吐く。

「アンタの言う……黒い影なら俺も昨日。見たよ……。」

 楓と葉霧の目は見開いた。

「茂吉さん。何か知ってるなら教えて欲しい」

 葉霧は身を乗り出した。

 茂吉の表情は青褪めていた。
 だがーー口を開く。

「アレはーー闇喰いヤミクイだ。」
「闇喰い?」

 楓が聞き返した。
 茂吉は楓と葉霧に顔を向けた。
 真っ直ぐと。

「その昔ーーアイツらに、大勢のあやかしが喰い殺された。奴らはーー身体の中に取り憑いて殺意と悪意の塊を、創り出す。つまりーーあやかし達は殺し合ったんだ。」

 茂吉は険しい表情をしていた。

「それはーー憑き神とは違うのか?」
「憑き神? アレは闇喰いの破片みてぇなモンだ。解りやすく言えば……闇喰いの手下だ。」

 茂吉の表情は一段と曇る。
 葉霧は少しーー恐がっている様な茂吉を見据えた。

「つまりーー闇喰いに取り憑かれると生存は不可能。そう言う事か?」
「ああ。奴等は……タチが悪い。自分達で創り出した悪意と殺意の塊から、その心の闇を喰って生き続ける。塊が死ねばまた……他の奴に取り憑く。」

 葉霧は茂吉の言葉に手を顎についた。

(昨日……死んだ人間から黒い影は出て行ったと言ってたな。そうか……来栖警部に銃殺されて本体が死んだからか。)

 楓の話を思い出したのだ。

「闇喰いを……殺せるのは退魔師だけだ。」

 茂吉はハッキリとそう言った。

(ああ。だから護ってくれみてぇな事を言ったのか。まー。闇を滅ぼせるのは、退魔師だからな。)

 楓は納得していた。

「闇喰いが何処にいるのかは、わからないのか?」

 葉霧がそう聞くと茂吉はため息つく。

「昨日……あの黒い影が飛び立った時に空が一瞬……黒く覆われた。奴等は……散らばってる。何処にいるのか。なんてわからねぇよ。アイツらは闇に生きるあやかしだ。」

(また……随分と厄介だな。)

 葉霧は烏龍茶を飲んだ。

 新たなーーあやかしとの出遭いであった。
















































「楓と葉霧のあやかし事件帖〜そろそろ冥府へ逝ったらどうだ?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く