楓と葉霧のあやかし事件帖〜そろそろ冥府へ逝ったらどうだ?〜

高見 燈

第21夜  恋人

【私立各務学園高校】

(な……なんでこんな事になってんだ?)

 楓は朝陽の照らす校舎の前で呆然。


 昨日の夜のことだ。

 楓がお風呂を出て部屋に行くと葉霧がいたのだ。

 しかも、部屋の床にはボストンバッグ。
 それから、楓の服。
 バスタオルなどそれらが置いてあった。

「なにしてんだ? 葉霧。」

 楓は、自分のパーカーを畳む葉霧にそう聞いた。

「楓。明日から二泊三日で学校に行くから。」
「え? 葉霧が? 泊まりで?」

 葉霧は溜息つくと、顔をあげた。
 首にタオルを巻いた楓がきょとんとしている
 口まで開けて……酷く間抜けである。

「俺だけだったらなんで、楓の支度をしてるんだ?」

 楓は呆れた様な葉霧の顔を見ながら座る。
 床に。ぺたんと。

 胡座かく。

「あ。オレも? え?? それマズくねー??」
「今週は……“新月”の周期だろ? 気になるならキャップでも被ってればいい。」

 葉霧がそう言うと、目の前の楓は窓の方に視線を向けた。レースのカーテンの向こう側。
 空に浮かぶのは、薄い三日月だ。

 新月は近い。

 フゥ………

 溜息をつく。

 深く。

「え? なに? どーかしたか?」

 楓は視線を葉霧に向けた。
 不安そうに顔を覗き込む。

「それに“いい機会”だ。」

 葉霧はパーカーをバッグに詰めた。

「いい機会??」
「楓。下着類は自分でやれ。」

 葉霧にそう言われて楓は床を見る。
 床には楓のランジェリーが、散らばっている。

「え?? “出した”んならやってくれてもいいじゃん! “出した”んだろ? BOXから!」
「“出した”だけだ。勢いで。」


 葉霧はこの部屋に入り、服をクローゼットから引っ張りだした。
 そのついでに、勢いで下着類も引っ張りだした。

 楓はブラジャーを掴むとびろーんと広げた。葉霧にむけて、ピンクのブラジャーを広げた。

「葉霧の、畳むんだけどな~……オレは。」
「は?」

 楓の甘えたような声に葉霧は視線を向けた。

 ブラジャーを広げたまま。
 上目遣いで葉霧を見る。

「貴女の~……パンツ。畳んでるのよ? ワ・タ・シ。」

 ぱちくりと瞬きしながら鼻に掛かった声でそう言った。

 葉霧の右手は飛んでくる。
 楓の顔を摑む。
 正に、アイアンクロー。

「その顔やめろ! イラつく」
「イデっ!! 痛い! まじ痛いっ!!」

 ふざけた分の制裁は、即座に実行される。



 そんな事があった………翌日のことである。それが……現在だ。

(まさか………ホントに来るとは………)

 楓は、校舎を見上げていた。
白い校舎は太陽の光に照らされキラキラと出迎えている。

「楓。行くよ」

 ボストンバッグ二つ。
 手に持ちながら葉霧は爽やかに振り返る。

(葉霧は……太陽も似合う。キラキラだ。)

 朝陽に輝く綺麗な顔をぼ~っと見ている。

(いやいや。違うだろ!)

 楓は校舎に入って行った葉霧の後を追う。

 静まり返る校舎の中。
 下駄箱の前で、葉霧は楓にサンダルを履かせる。

「楓の靴はここで。」

 自分の下駄箱に履いてきたスニーカーをしまう。

「てか。なんで?? なんで学校なんだ? しかも、二泊三日!」


 詳細は聴けずじまい。


 葉霧と色違いのスポーティなサンダルだ。
 因みに楓はピンクを買われた。
❨本人的にはブルーをチョイスしたのだが、葉霧に却下されて、ピンクに落ち着いた。❩
  因みに茶碗や箸も葉霧チョイス。

 葉霧は黒。

「それは頼まれたからだ。」
「だから! それを聞いてるんだよ。葉霧くん。」
(あ~もう。なんか頭イタくなってきたな~……。この誤魔化し王子!)


 葉霧の渾名はたくさんある。楓がテレビを観ては、感化され言葉を覚えるからだ。

 “王子”と言う言葉もその中の1つだ。

 下駄箱の奥はエントランスホールだ。
 円形の天井。
 天窓にはステンドグラス。

 空から降り注ぐ色彩あざやかな光は、ホールの中央に建つ石膏の女神像を、照らす。

 白基調の壁や床。
 何処と無く西洋風の造り。

 光沢ある床を二人は歩く。

「今日から二泊三日。演劇部が合宿をする。」


 下駄箱から廊下を歩き右奥。
 葉霧は渡り廊下に出る。
 雨風凌ぐ針葉樹に、囲まれた渡り廊下だ。
 円柱とドーム型の屋根。

 本館と別館を繋ぐ。

「えんげきぶ??」
(また、わかんねぇ言葉が出てきたな……)

 楓は顔を顰めた。

「ああ。その“演劇部”の事を調べる。
 それが目的だ。」

 渡り廊下のドアを開ける。
 両開きの扉だ。
 チャペルの入口に似ている。

「あ? 潜入してんのか? コレは。」
「違う。頼まれ事だ。」
「調べるんだから“潜入”だ。」

 渡り廊下を抜けると別館だ。

 広い廊下。窓ガラスから射し込む太陽の光にキラキラとしている。照明の入らない明るい廊下だ。

「んで? そのえんげきぶ。ってのがどうしたんだ?」

 静まり返る廊下には、楓と葉霧の足音と声しか響かない。
 楓は、溜息交じりにそう言った。

 荷物は持って貰ってるから身軽だ。

「どうも……話を聴く限りだと、ちょっと変わっている。」

 葉霧は廊下を歩き階段に向かう。
 このまま進むと、学食やコンビニ。売店がある。

 階段をあがりながら楓は吹き抜けの天井を見上げた。

(………高っ!!)

 吹き抜けの周りを階段が囲む。

「変わってる。ってなんだ?」

 二階に上がると葉霧は左側の廊下に向かう。広い廊下だ。直ぐに部屋が幾つも並んだ通路に出た。

「練習中の舞台の上で、部員の一人が奇妙な行動をするらしい。」

 葉霧はビジネスホテルのドアの様な部屋の前で立ち止まると、バッグを床に置いた。
 フリース素材のカーディガンのポケットから鍵を取り出す

「奇妙?」
「ああ。」

【201】

 左奥の角部屋だ。
 そのドアを開けた。

 中はホテルの様な一室であった。

「は?? なんだここ?」

 入って楓はあんぐりと口を開けた。

「“俺達”の部屋だ」

 葉霧は中に入る。

 レースのカーテンが掛かった窓から明るい陽射しが射し込む。

 セミダブルベッドが一つ。
 鏡のついたデスク。
 テレビ、簡易冷蔵庫。
 バストイレ。

 楓は一つ一つ見て回った。

 シングルルームではあるが広い。二人でもゆったりと過ごせそうな部屋だった。

 二人掛けのソファーもある。

 葉霧はテーブルの上に鍵を置くと、クローゼットを開けた。大き目のクローゼットに簡易的なBOX。

 小物や服を入れられる様なサイズだ。

「あのさー………」
「ん?」

 荷物を片付ける葉霧に楓はベッドの前で話掛けた。

「なんでベッドが一つなんだ?」
「シングルルームだから。」


 葉霧は即答。

 自分の荷物に楓の荷物も片付けている。
 ハンガーに服もかけている。

「え? いや……」

(おかしいだろ!!)

 楓はベッドの前で顔が真っ赤だ。

 葉霧は立ち上がるとクローゼットの扉に手を掛けた。

「ああ。一緒に寝たくないなら楓はそのソファーで寝ていいよ。」

 にっこりと微笑む葉霧。

「えっ!? 逆だろ! フツー!」
「何で? 俺はそのソファーじゃ、寝られない。小さい。」

 葉霧は涼し気にそう言った。

(な……なんなんだ? なんでこー………天然なんだ?? いや。コレは悪意か? わざとか? また“魔性”なのか!?)

 楓は頭を抱えた。
 葉霧といると、楓の思考は忙しい。

(面白いな。なんか喚いてるな。心のなかで。)

 葉霧はくすくすと笑う。

 クローゼットの扉を閉めた。

「楓。演劇部の様子を見に行くから」

 楓は顔をあげた。

「あ。うん。」

 気を取り直したのか、頷いた。

(へー………照れてたのか。なんだ。もうちょっと………。突っ込めば良かったかな。可愛い楓が見れたかもしれない。)

 小悪魔的な悪意は着々と………。
 楓を他所に、葉霧の中で芽生えていた。


 部屋を出ると、葉霧は階段に向かう。
 階段を登るのだ。

「で? その奇妙なのってなんだ?」

 楓は階段を登る葉霧を追いながら話を振る。脱線してしまったからだ。

「ああ。」

 葉霧は楓を横目、頷いた。

「少し調べてみたんだが……どうやら練習中の舞台の上で急に奇声をあげたり、泣き喚いたり。ヘッドバンキングをしたりするそうだ。」

 葉霧は淡々とそう言った。

「ヘッドバンキングってアレだよな。」

 楓はそう言うと立ち止まった。
 両足開き、頭を思いっきり振る。

「コレ!?」

 縦にブンブン!と振る。
 髪を振り乱して、懸命に振った。

「楓。実践しなくていいから」

 葉霧の涼し気な声にぴたっ。と、止まる。
顔を上げればとても冷ややかな目で、見られていた。

 ごほん。

 楓は咳払いひとつ。
 歩きだした。

「は? ソレは最早……病院行きのレベルなんじゃねぇか?」
「俺もそう思う。」

 強く頷く葉霧。
 何事も無かったかの様に、二人の会話は始まった。

「葉霧。ふざけてんのか?」
「いや。何でこんな事に巻き込まれたのかと思うと酷く腹立たしい。」

(あ。怒ってんのか)

 楓は納得した。

 三階に着くと葉霧は廊下を歩きその部屋の前で立ち止まる。

「どうして!? あのお方は私を愛してくださったのに!」

 部屋の中から声が聞こえてきた。

「誰かいるな。」
「稽古中だ。」

 葉霧はしっ。
 と、自分の唇に指を立てて促した。
 楓に、静かにする様に。

 ガラ……

 静かに葉霧はドアを開けた。

 稽古場はとても広い。

 鏡張りの壁の前では立ち稽古中の部員達の姿。動きやすい格好で、台本を手に稽古をしていた。その中で、台詞を言っているのは女子部員だ。

 長い茶系色の髪を纏めて縛り、汗を光らせて台詞を読んでいる。身振り手振りで、演技の練習も兼ねているのか。

 細い身体。
だが、Tシャツから覗くラインはスタイルの良さを際立たせる。女性の特徴は強調していた。

(………葉霧。まさかあの胸のデカさに目がいってねぇ。だろーな。なんであんなピチっとしてんの着てんだよ!)

 隣の葉霧と女子の胸元にちらちらと目がいく楓。女子のTシャツは、ボディラインを強調させる。

「何?」

 葉霧は視線に気づいたのか少し強目に、楓を見る。

「べつに」

 素知らぬ顔の楓。

(ん? あれ? アイツって……)

 同じ様に後ろの方で様子を見てる男女たち。楓はその視線を感じたのだ。

 ひらひらと手を振ってるのは灯馬であった。

 くいくい。

 楓は隣の葉霧のカーディガンを引っ張る。
 袖を引っ張った。

「どうした?」
「あれ。アイツ……」
「ああ。灯馬か? 来てるよ。それは。
 生徒会だから。」

 葉霧は手を振りにやけている灯馬を、軽く睨む。

(悪意に満ちてるな)

 葉霧は溜息つく。

(せいとかいってなんだ?)

 楓は首を傾げた。

「はい。それじゃ。ちょっと休憩~」

 そんな声が稽古場に響いた。

 場が和むと直ぐに駆け寄ってきたのは女子二人。葉霧の元に駆け寄ってきたのだ

「葉霧くん。本当に来てくれたのね?」
「休みの日にまで玖硫くんに会えるなんて得した気分」

(誰だ?? え? 近い!)

 女子二人は葉霧に近寄り嬉しそうな顔をしている。稽古はしてないのか、汗をかいてる様子ではない。

「頼まれたからね。“生徒会”が。」

 葉霧は微笑みつつそう強調した。

「葉霧くんも泊まるんでしょ??」
「ねぇねぇ。夜になったら自由時間あるから
 遊ばない??」

 葉霧の腕を掴む女子のその行動の後だ。

 ずいっ!

 楓は無理矢理。
 葉霧と女子の間に、割って入った。
 それもかなりむうっとしている。

「誰だ? お前ら。近いんだよ!」
(くそ! 腕離せ!)

 楓は葉霧の腕を掴む女子のその手が気になって仕方ない。

 葉霧は思わず口を手で塞いだ。
 にやけていたからだ。

(思った通りの“反応”だ。あ~……可愛い)

 口を覆っているからか予想以上に、にやけていた。

「え? 誰?」
「葉霧くん? 誰なの?」
「つーか! 手! 葉霧にさわるな!」

 しまいには、楓は女子の手を葉霧から離させた。葉霧の前に立ちはだかる。

「お。なんかおもしれーことになってんな」

 灯馬はにやにやと、眺める。

「随分と積極的な“姫様”なのね~~」
(へぇ? 葉霧ってあーゆう娘がタイプなんだ。荒くれ者?? 的な)

 夕羅は目を丸くしていた。
 何しろ楓は、黒ずくめだ。
 しかも頭には、キャップまでかぶってる。

 唯一、デニムだけブルー系色だ。

 勿論、水月と秋人もいる。

 葉霧は手を離すと楓の肩に、ぽんっと手を置いた。女子たちに、目線を合わせる為に身体を屈めた。

「楓。って言うんだ。俺の“恋人”だ。」

 葉霧は微笑みながらそう言った。

「えっ!?」
「恋人っ!?」

 女子二人の声もデカいが、それよりも大きかったのは灯馬と夕羅であった。

 かぁぁっ!

 と、楓は頭まで血がのぼった。

(えっ!? これはもしや! ❨愛するということ❩のマキと哲也?? えっ!? 恋人!? 葉霧とオレが!?)

  昨日、優梨と観た恋愛ドラマの事である。
 作中でマキと哲也は、恋人同士になったのだ。

「こら~。なにしてんの? 小道具チェックまだでしょー」

 と、女子の声が響く。
 こちらを見ながら叫んでいる。
 白いTシャツにハーフパンツの眼鏡女子だ。

「はい!」

 女子二人は顔を見合わせると慌てて立ち去った。

 葉霧は楓の肩に手を置いたままだ。
 身体だけ戻す。

(先走りすぎたか………。)

 動かない楓をちらっと見ると、耳まで真っ赤。しかも首筋まで真っ赤だ。しかもちょっと身体も震えている。

(あ。もしかして………)

「楓?」

 びくっ!!

 葉霧の声にそれはそれは驚く楓の身体。
 全身がビクつくほどの、リアクションだ。

(可愛いな。照れてるのか。全身真っ赤だな。これは)

「嫌だった?」

 葉霧は楓から手を離した。

 楓はふるふる。と、首を横に振った。 

 ブンブンだ。

 葉霧はくすっと微笑むと楓の頭にぽんっと
 手を置いた。

「コッチ向けば?」
「ムリ」

 楓は俯いたままだ。

「なんで?」
「………ハズい………」

 ぼそっと、楓はそう言った。

「そうか。」

 葉霧は楓から手を離すと、腕を掴む。そのまま手を引き……稽古場から連れ出した。

「大胆だな。葉霧のヤツ……」

 秋人は驚いていた。

「なー? も~ちょい。スマートなのかと思ったけどな。強引だな。」

 灯馬はフッと、笑う。

(まー。人間らしいけどな)



 稽古場から少し離れた廊下に出る。

 葉霧は楓の腕を掴んだまま、顔をあげさせた。真っ赤な顔で今にも泣きそうだった。

 葉霧は楓の頬を掴んだまま……そっと。

 唇を重ねた。

 楓の唇に。

(…………え??? な………)

 やわらかな感触と頬を撫でるその指に楓は目を閉じた。

 重なった唇を感じていた。

 葉霧は唇を離すと楓を見つめていた。

離れた事を知ると楓はゆっくりと目を開けた。

「聞いたんだ。次郎吉くんから。」

 葉霧は楓の頬を触れたままだ。

「え………?」

 強い眼差しを葉霧は向けていた。

「楓が……“居場所を探してる”って。」

 葉霧の強い眼差しと、その強い口調に楓は目を丸くした。

 葉霧は楓の首筋を掴む。
 瞳は近づく。

「楓の居場所は……俺の傍だ。それ以外無い。」
「は………葉霧………」

 楓が名前を呼ぶと、葉霧はもう一度。

 楓の口唇を塞いだ。

 まるで……“確かめる”かの様にキスを落とした。

(………葉霧…………)


 
             






















「楓と葉霧のあやかし事件帖〜そろそろ冥府へ逝ったらどうだ?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く