過去なんて今更どうでもいい。

Chimna

僕は、誰にでも優しい王子様。誰からも好かれる、そんな存在。じゃないといけない。なんでかって?その方が何かと都合がいいから。本当は僕なんて使わないし、笑顔なんて振りまくのもめんどくさい。でも、まぁ、笑ってるだけで色々やってくれたりするから、そこは素直に甘えるよね。顔もどちらかと言うといいほうだと思う。だから、女の子は直ぐに俺の言うことを聞いてくれる。ほんとにちょろい。男だって俺と仲良くしてれば周りからの印象もいいらしくて、俺の意見に乗っかってくれる。人なんてそんなもん。自分が嫌われないために必死なだけ。すごくつまんなくて、意味の無い行為。俺はそんなんにはなりたくないな。それでも、今の生活を楽しんでる俺。なんでだろうな。多分、そういうヤツらを見て面白がってる悪い自分がいるんだろうな。そういう奴らはみんな俺の中身なんて見てない。所詮外見だけだ。信用出来ない。俺が唯一信用できるのはあいつだけ。俺も可哀想な奴だな。あいつだけが友達なんて。まぁ、良い奴なんだけどな。あいつの前だけは素を見せれる。あいつもあいつでヤバいからかな。

「過去なんて今更どうでもいい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く