話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第5話


カレーは焦げ付いて、ところどころ黒いコゲが混じっている。

火は消したとは言え、油に入れっぱなしだったトンカツは、なんだかガチガチ。



最悪な出来栄えの晩ご飯なのに、裕文さんは「美味しい」と微笑んだ。



「あなたは少し、僕を甘やかし過ぎですよ。裕文さん」



僕の台詞に顔を上げた裕文さんが、首を傾げるようにしてフワリと笑み零す。

僕が見惚れているのにも気付かずに、のんびりと答えた。



「まぁ、焦げたのは俺の所為でもあるしね。――それはそれとして」



言いながら、向かいに座っている僕の頬に、指先で触れる。



「仕方ないよ。俺、惚れた相手には弱いもの」



自分の顔が、赤くなったのが判る。



「さっきは妬いてくれて、嬉しかったよ。――それと。『裕文さん』って呼ぶ時のキミはとても可愛い」



「………………」



もう、顔が熱を持つどころじゃない。






声に出して誓ってくれたさっきの言葉のお礼も、伝えられないくらい。


僕は照れてしまって、もうどうしようもなかった――。




          

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く