話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第4話


「ねぇお義兄さん。聞かせて下さい。お義兄さんが愛す最後の女性は、姉さんですか?」



これからも、ずっと――。



過去は変えられないけれど。

人生のその刻々で、それぞれ愛した女性は、いただろうけれど。



それでも最後は姉さんだけだと、聞かせて欲しかった。



「うん」



僕を見上げ、見つめたままで、義兄さんは言ってくれる。



「俺がこれ以降、由美以外の女性を愛する事はないよ」



心からの言葉だと、判ったから。

僕は本当に、嬉しかったんだ。



礼を伝えた僕から片手を離して、「おいで」と僕の腰に手を回す。腰を引かれて、必然的に裕文さんを跨ぐ感じでソファに膝を付いた。

驚いて、裕文さんを見下ろす。



「そして誓うよ。俺が愛する『男』は、これまでも、これからも。浩次君だけだって」



僕を見上げ、微笑み言ってくれた裕文さんが、これ以上ないくらいに愛おしい。

この人は、まるで魔法使いの呪文のように。言葉だけで、こんなにも僕を幸せにしてくれるのだ。



頭を引き寄せられて、口付けられる。





――優しい、優しいキス。





大切なものに触れるように、ゆっくりと、丁寧に。何度も何度も唇を重ねられた。



大好きだと、あなたをこんなにも愛していると、洩れる吐息に含ませ伝える。

そのまま抱き寄せられると、暖かく幸せな想いに包まれた。



――のに。



「あ、いけない!」

漂ってきた焦げ臭いにおいに、慌てて裕文さんから離れた。

油の方は火を消したけれど、カレーの方は火を点けたままなのを忘れていた。



慌てて混ぜても、鍋底にしっかりと焦げ付いている。

「あ、焦げちゃった?」

僕の肩越しに鍋を覗き込んで笑う裕文さんには、溜め息が洩れた。



「……もう。笑い事じゃないですよ」

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く