話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第3話


「いいえ、聞きたいです。……姉さんの話」

ねぇ聞かせて、とねだると「そう?」とようやく裕文さんが続きを話してくれる。



「由美もさ、結婚前に俺の家にご飯作りに来てくれた事があったんだけど、やけどして。その時は油をたっぷりひいたフライパンに、濡れたままのじゃがいもを勢い良く入れてね、すごい音をさせていたよ」

「――へ……えぇ…」

初めて聞く話に、笑みが零れてしまう。



幸せそうに話す裕文さんを見るのも、なんだか嬉しかった。



「その時にね、由美も言ったんだ。『考え事してたのよ』って。――ね? やっぱり姉弟でしょ?」

隣から僕を見て笑う裕文さんに、「ははっ」と笑い返した。

「ほんとだ」

「なんだろなぁー。俺が付き合うコって、『ウッカリ屋さん』が多いのかもなぁ……。前に付き合ってたコも――…」

「ストップ」

口を開けたままの裕文さんを、軽く睨んだ。

「そっちは聞きたくありません」



驚いた顔で僕を見返した裕文さんが、「ごめんね」と微笑んで薬箱に軟膏をしまう。



僕は立ち上がって、裕文さんの前へと立った。

両手を差し出せば、裕文さんも応えて両手で握ってくれる。



そうして、僕を見上げた。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く