話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第2話


「大、丈夫です。ちょっと考え事しながらやってて……」

僕の顔を覗き込んで、「大変だ」と流しの水を出した。

真っ赤になった手と顔を、冷たい流水で冷やす。

「確か、軟膏が……」

リビングの方へと行った裕文さんが、「冷やせたらこっちに来て。擦っちゃダメだよ」と棚を開けた。

「本当に大丈夫ですよ。目にも入らなかったし」

「……おでこと頬っぺた、点々と赤くなってるよ。水ぶくれになっちゃうかも」

心配そうに言って、薬箱を開ける。

「とにかくおいで」

ソファに座って、裕文さんは軟膏を消毒した指先へと取った。

優しく塗ってくれるのを、ソファの隣に座って素直に受ける。



しばらくそうしていると、突然クスリと裕文さんが笑った。

「……? 何ですか?」

「いや、さすが姉弟だと思ってさ。由美も――…」

そこまで言って、言葉を止める。

「ううん、ごめんね。何でもない」

「何ですか? 言って下さい」

僕を見返した裕文さんが、困ったように眉を下げて笑った。

「……自覚なくてごめん。いくら由美の話でも、前に付き合ってた人の話は聞きたくないよね」

今はキミが恋人なのにね、とこめかみを掻く裕文さんに、首を横に振った。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く