話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第1話


「ただいま」



仕事から帰って顔を覗かせた裕文さんに、「お帰りなさい」と笑顔を向ける。



「今夜はカレーかな?」

「カツカレーですよ」

もうすぐ出来ます、と付け加えれば、「やった! 腹ペコだよ」と笑顔を残してドアを閉めた。



変わらず義兄さんは、帰るとすぐに僕へと「ただいま」を言って、姉さんの仏壇へと向かう。



チンチーン。



澄んだ音が奥の仏間から聞こえて。余韻のある音が止んでも、義兄はしばらく姉さんとの会話を楽しむのだ。



――姉さんを今でも大切に想ってくれている。



それが判ることは僕にもとても嬉しいことで、どんなに言葉を紡いでも、綴っても。

伝えきれるものではなかった。



でも――。

もしかしたら、いつか。他の女性を……。



カレーを混ぜながらそんな考えが浮かんで、首を振った。

火にかけてある油が丁度良い頃合になったかを、パン粉を落として確かめる。

衣を付けた豚肉を入れようとして、手を滑らせた。

「アッツッ!」

飛んできた熱々の油に、顔を背ける。



「どうしたの!? ヤケドした?」

いつの間に来てたのか、着替えを済ませた裕文さんが、リビングに立っていた。

「目に入ってない?」

見せて、と言う義兄に、油の火を止める。


          

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く