話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第10話

視線を逸らした僕に、裕文さんがベッドに肘を乗せて頬杖を付く。

そうして、にっこりと笑った。

「ごめんね。――たぶんそれ、夢じゃないよ」

目を見開いて固まった僕に、クスクスと笑う。



「じゃあ。お粥作ってくるから待ってて」

立ち上がった裕文さんの口から、こほっ、と小さく咳が出た。

目を剥いて見上げた僕に、口を押さえる。

「大丈夫大丈夫。俺って頑丈だから」

それに風邪ひいたら看病してもらえるし、と笑って、部屋から出て行った。

1度閉まったドアが開いて、裕文さんが顔を覗かせる。

「風邪ひかなかったら、ご褒美に呼んでくれるかなぁ。『裕文さん』って」

悪戯っぽく笑って、出て行った。



「あぁ、僕……」

どうしようー……と頭を抱える。



姉さんごめんなさい――。



心の中で謝る僕に、「ばかね」と笑う声が聞こえた気がした。




都合が、いいだろうか。

姉さんが、許してくれてると思うのは――。




けれど。如月先輩の声と重なって、耳には優しい声が、聞こえていたんだ。




――ねぇ、姉さん。我儘で、勝手な、甘えた弟だけど。



信じても、いいかな?

これは、姉さんの声だって……。






――浩次。幸せになれ……。




          

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く