話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第7話


「浩次君の方から連絡すればいい。引っ越す前に、会いに行けばいい。これで最後なんて嫌だと、想いを伝えればいい」


背を向けて言った裕文さんに、「そうなんですけど」と僕は俯いた。

「僕の腕は、2本しかないから……」

振り向いた裕文さんの視線を感じる。僕は濡れたタオルを膝に置いて、広げた自分の両手を見つめた。

「大切なものは、あっけなく僕の前から、居なくなってしまうから……。この両手で掴まえて、しっかり握っていないと……僕の前から、消えてしまうから」



僕の両手には、姉さんの顔が浮かんでいた。



僕の見ているものに気づいたらしい裕文さんが、再び僕の前に跪いてくれる。

「浩次君……」

心配そうな声に、顔を、見られない。

「だけど。僕の、この、両手は――。……っ……あなたに……伸ばしたいんです。あなたを、失いたくないんです。あなた、だけは――……」



だから、先輩には伸ばせなかった。

先輩に、何も、言うことさえ出来なくて――。



僕は――……。



握った両手で、顔を覆う。



何を言っているのか、自分でも解らない。

全然頭が、まわってくれなくて――。



上手く、言えない。



「浩次君……」

心配そうな声がして、僕の腕を、裕文さんが握った。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く