話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第6話


僕に背中を向けて、氷水でタオルを濡らす裕文さんに、「えっ」と声が洩れる。

「あ……」

先輩と別れてからずっと、涙が止まらなかった。

あの場所からも動けなくて。――きっとこの風邪も、長い時間あの場所に立ち竦んでいたからに違いなかった。



「あ……今日、卒業式で。お世話になった先輩が、卒業しちゃって」

「――それで、泣いたの? そんなに目が、腫れるくらい?」

その言い方から、彼があまり信じていないことが判る。

「でも、その先輩、遠くに行ってしまう人で。もう戻って来ないって言うんです……。僕、その言葉で姉さんのこと、思い出しちゃって」

絞ったタオルを持って再び前に屈んだ裕文さんを見る。そうして、その手に握られたタオルへと視線を落とした。

「もう2度と会えないんなら、死んだ姉さんと一緒だって、思ってしまって……。僕の前から消えて、2度と現れてくれないから」

「…………好きだったの? その、先輩のこと」

「……はい。とても」

言った僕に、裕文さんが小さく息を吐く。

僕に冷たいタオルを渡すと、立ち上がった。



「そんなに好きなら」



そう、裕文さんが言う。

冷たい物言いに感じたのは、僕の気のせいかもしれない。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く