話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第5話


「何してるの!? ダメダメ、寝てないと」

手洗いとうがいだけをしてきたらしい裕文さんが、背広姿のまま洗面器とタオルを持ってくる。

「姉さんには『ただいま』言ってきましたか?」



会社から帰ってきた彼がする、いつもの日課。

裕文さんにとっては、とても大切な、姉さんとの時間――。



僕のせいで、邪魔したくなかった。



「その間に、何か晩御飯、作りますから」

足に力を入れて立ち上がろうとする僕に、裕文さんが洗面器とタオルを僕の勉強机に置く。

そうして、僕の前に片膝を付いた。

「――浩次君、キミ。自分がどんな顔色してるか気付いてる? そして、どんな目をしているか……」

「えっ。……目?」

ゴホ、ゴホ、と咳き込んだ僕は、慌てて手で口を押さえて横を向く。

うつしたら大変だと思ってるのに、裕文さんは僕の前から退いてくれない。

「あの、うつしたらいけないんで……」

言った僕の声はかすれていたけれど、聞こえているはずだ。

それなのに、裕文さんは微動だにしない。僕のすぐ近くで、じっと僕を見つめていた。



その顔が、なんだか怒っているように見える。



なぜだか判らないまま見つめ返すと、ふぅっ、と小さく息を吐く。そうして、ゆっくりと立ち上がった。



「……泣いていたの?」

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く