話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第3話

こんな風に人をバカにしたように笑った先輩は初めてで、僕は戸惑ってしまう。

「あの……」

先輩の心が解らなくて、僕はなんて言っていいのか判らなくなってしまう。けれども何かを言いたい気がして、言葉の出てこない唇を懸命に動かそうとしていた。

「あれは――…。『弟』に向けてる視線じゃないだろ。そして、お前も……」

フッと笑いを零して、先輩が足を踏み出してくる。



花束を持っていない方の手を僕の肩に置くと、少しだけ身を屈めた。

「言う気なんて、なかったけど……。いま俺、これ以上ないくらいに嫉妬して、イラついてるから」

一瞬、僕の顔を覗き込むようにした先輩が、僕の唇に口付ける。

イラついてると言った言葉とは裏腹に、それは――とても優しいキスだった。

「先、輩……?」

呟いた僕に、如月先輩は「ごめん」と言う。

肩に置いていた片手だけで僕を抱き締めて、耳元で囁いた。

「じゃな、浩次。――幸せになれ」

「せんぱ……」

もう1度「花束ありがとうな」と礼を言って、先輩は、行ってしまった。



僕は、何も言えなくて――。



先輩の背中が消えた校舎の角をただ、見つめて。

何が哀しいのかも判らないまま、止められない涙を流していた。






          

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く