話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第2話


「お前が呼び止めてくれなかったら、俺の方から呼び出そうと思ってたし?」

「えっ、そうなんですか」

なんですか、と言った僕に、先輩は「俺、遠くの大学に行くからさ」と微笑む。

「そうですか……。寂しくなります」

「判んないけど。そのまま俺、こっちには戻って来る気ないから。最後に言っとこうかな、と思って」

「え……。それって――」



――もう2度と、会えないってこと?



自分が、なんだか泣きそうになっているのが判る。

目の前には、姉さんの姿がチラチラと浮かんでいた。



僕の様子に困ったような笑みを浮かべた先輩は、「そう言や」と顔を横に向ける。

「この前、浩次を駅前で見たよ。大人の男と一緒だった。――優しそうなヒト」

「あ…………」



――裕文さんだ。

この前の帰り、2人で駅前に寄ったから。



「あの人は……」

義兄だと説明しようとした僕に、先輩は困った表情のまま、顔を戻す。

そうして「彼が」と言った。

「彼が、以前お前が言ってた『姉さんの旦那』さん?」

「そうです。僕を本当の弟のように思ってるって、言ってくれた人なんです」

「本当の弟?」

嬉しさを含んで言った僕に、ハッと先輩が笑いを吐いた。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く