話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第9話

「さて、と」

もう1度姉さんの墓前で手を合わせた裕文さんが、立ち上がる。

そうしてクスクスと笑い出した。

「結局。めかし込んだ俺達を独り占め出来る女性は、由美だけってことか」

その言葉には、僕もふふっと笑った。

「それこそ、『当たり前よ』って言ってますよ」

「――では哀しく男2人、今からデートと行きますか」

せっかくめかし込んだし、と言った裕文さんに「えー」と不満の声を洩らしてみる。

「哀しく、ですか?」

「いえいえ。大変光栄です」

これは失礼を、とお辞儀した裕文さんが、肘を三角に突き出す。

ウィンクしてくる彼に、じゃれ付くように腕を絡めた。

「――ところで。俺を裕文さんって呼ぶのはどうなったのかな?」

揶揄うように言い出した裕文さんに、「さあ?」ととぼけてみせる。

「当分先じゃないですか?」

こつんと頭を叩いてきた裕文さんに、首を縮めるようにして、笑いながらしがみ付く手に力を込めた。




この幸せを、運んでくれた姉さんに、とても感謝してる。




そしてこの幸せを与えてくれる裕文さんには、
生まれて初めての、狂おしい程の、恋しさを――……。




          

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く