話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第8話

今まで、裕文さんが愚痴を言っているのを聞いた事がない。

驚く僕に、裕文さんは拗ねるように顔を背けて唇を尖らせた。

「浩次君が、まだ他人行儀なんだよーって。どうしたらちゃんと、家族として俺を見てくれるのかなって、グチってた」

「そんな、こと……」

僕を見て微笑んでいた裕文さんは、小さく息を吐く。

そして、「あともう1つ」と再び姉さんの墓石を見遣った。

「弟が女の子と遊びに行くってだけで、こんなふうに嫉妬するものなのかな、って訊いてた」

「えっ?」

「俺、一人っ子だったから……。よく解らなくて」

「――……姉さんは、何て言ってました?」



此処には他に、人が居なくて。

ドキドキ言ってる心臓の音が、裕文さんに聞こえてしまうんじゃないかと思った。



そうだね、と笑った裕文さんが、小首を傾げる。

「『知らないわよ』って呆れられてる気もするし、『自分で考えなさい』と笑われてる気もするよ」

笑ってる裕文さんに、思わず見惚れてしまう。



――もし、姉さんが。



僕をこの場に呼んでくれたんだとしたら、きっと別の理由だと思う。



「けど……。言えないよ。そのなの」



ぽつりと呟いて。



でも――ありがとう、と。

姉さんに心の中で伝えた。

          

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く