話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第4話

「あ、それから。再婚するんだったら、僕、ここ出て行かなきゃね」

「えっ……」

何を、と否定しようとする義兄に、「そりゃそうでしょ」と背中を向けたままで言う。

「邪魔じゃないか、僕。新しい奥さんだって――……」




――ガンッ!!!




壁を叩く、物凄い音がした。



弾かれるように振り返ると、壁に拳をあてたままの裕文さんが、俯いていた。

「……俺は……キミのこと……。大切だと思っている。これ以上ないくらい……。――本当の、弟のように。……見合いしても、浩次君が出て行く必要なんてない。例え――この先、何があったとしても……此処は、キミの家だから。俺は、キミの、兄だから……」



そのまま、背を向けた裕文さんの顔が、見えない。

「ごめん。今日、仕事持ち帰ってるから……。夕飯出来たら、呼んでくれるかな」



いつもの調子に声を戻した裕文さんは、僕を見る事なく、僕に謝るチャンスもくれず、リビングを出て行ってしまった。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く