話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第3話

「ん?」

「あの、掃除中に見ちゃったんですけど……。いえ、中身は見ていないんですけど。机の上にあった……」

そこまで言うと、裕文さんは何のことだか判ったみたいだった。

こちらを見た気配があって、「ああ」と声を発する。



――俺、見合いするんだ。



続くだろうその言葉を、彼から聞きたくなくて、僕は慌てて続けた。

「お見合い、するんですね。……よかった。お義兄さんまだ若いし優しいから、きっとすぐに決まりますね」

「いや、そんな事ないよ。由美くらいじゃない? 俺なんかがいいって言う物好きは」

ハハッと笑いながら言った裕文さんに、苛立ちの息が洩れる。

彼の言葉を遮るように、「そんな事ないよ」と吐き出した。

「あっ、でも丁度良かった。僕も、友達から皆で遊びに行こうって誘われてて。お義兄さんの見合いの日に合わせて、約束しようかな」

もう、自分で何を言っているのかも解らない。

けれど、「あ、そうなの」と呟いた裕文さんの言葉に、心が壊れそうだった。

――否定してよ。見合いなんかしないって!

グッと奥歯を食い縛って、零れそうになる涙をなんとか堪える。

裕文さんに背を向けていて良かったと、そう思った。

「浩次君?」

裕文さんが、ソファから立ち上がる気配がする。

近付いてほしくなくて、僕は笑いを含んだ声で続けた。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く