話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第1話

「これって……」

義兄の部屋に掃除機をかけていた僕は、義兄の仕事用のデスクに置いてある物を見て手を止める。

それは、写真が入っていると判る台紙で。

綺麗な花柄の表紙に、洒落た金色の英文字が入っていた。

「お見合い写真、だよね……」

触れかけて、手を止める。

僕が部屋を掃除するのを判っていて、こうしてしまわずデスクの上に置いてあるという事は、たぶん、見られても構わないと思っているんだろう筈で――。

開けてチラリと中の写真を見ても、きっと義兄は怒らないだろう。

それに例えば。もし見たとしても、僕が黙ってさえいれば、そもそも義兄にバレる事もないように思えた。



――けど。



見れる筈がない。





僕は掃除もそこそこに、堪えられずに義兄の部屋から出た。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く