話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第7話

「いや。キミの声しか聞こえなかった。呼んだだろう? 裕文さんって。だから俺、振り返って……」

二人でしばらく見つめ合って。

裕文さんの腕に抱き留められたままなのを思い出して、慌てて離れた。

「そんな……僕。お義兄さんの事を裕文さんだなんて、呼んだり……」

「いいよ」

「…………え?」

「呼んでいいよ。裕文って」

「………………」

赤面する僕に、「え? そこまで?」と裕文さんが笑う。

「これは、呼ぶ練習が必要かなぁ?」

クスクス笑った裕文さんに背中を押されて、歩き出す。



背を押してくれている手は一つではないと、確信していた。



「あのね。……大好きですよ! 姉さんの次に!」

「……おや。これは奇遇だね。俺も大好きだよ。由美の次に」

二人で目を向け合って、吹き出して笑う。



そんな僕達を眺めながら、姉さんもきっと、笑っているんだろうな……。



          

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く