話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第6話

二人分の服に食料と、両手に荷物を持った僕達は、夕暮れの町を並んで歩く。

並んで歩いていても、絶対的な距離を感じていた。

「早く……再婚しちゃえ」

足を止めて、声に出す。

ちゃんと声に出して言ったつもりなのに、声は掠れて。

僕が止まった事に気付いていない裕文さんには、届いてくれなかった。



――背中が、遠いよ。



「姉さん……ごめんね」

同じ人を、好きになってしまって。

姉さんは一緒に居られないのに、僕なんかが一緒に居てしまって。



「ほんと……ごめん」



キュッと唇を噛んだ僕の背中に、温かな何かが触れた気がした。



『裕文……』



僕を吹き抜ける風の中聞こえたのは、確かに姉さんの声で――。

それが聞こえたのだろう裕文さんも、弾かれるようにして振り返った。



途端。 背中が押される。



「えっ…?」

つんのめった僕の体を、裕文さんが慌てて抱き留めた。



こんな時なのに、ふわりと裕文さんの香りが鼻先をくすぐった事に、赤面する。



「大丈夫?」

驚いた顔で、問いかけてくる。

「大丈夫です! それより聞こえたでしょ? 姉さんの声!」

興奮気味の僕に、「え?」と裕文さんは驚いた顔をした。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く