話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第5話

「再婚は、しないんですか?」

昼食を食べながら訊いた僕に、裕文さんは手を止める。

今まで見た事もない、怒ったような顔で目を剥いた。

そうして少し、寂しそうな笑顔を浮かべる。

「そうだね……。まだ、しないかな」

「いつまで?」

呟くように訊いて。

姉さんの何回忌になったら再婚するんだよ、と八つ当たり気味に切り返していた。

「……浩次君が結婚するまでは絶対しない、かな」



初めて。

裕文さんを「残酷だ」と思った。



「そんなの……僕がいつまでも結婚しなかったらどうすんの?」

困らせようと思った。

父親気取り、兄気取りでいるのなら。駄々をこねる子供のように、ただ困らせてやろうと思った。

「それなら……。いつまでも俺だって再婚しないね」


――死ぬまでよろしく。


まるで結婚式の誓いのような事を言って、笑っている。

「……変わってるね、お義兄さん」

呆れ気味に僕がそう言っても、裕文さんは楽しそうに笑い続けていた。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く