話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

キミの次に愛してる【BL】

Motoki-rhapsodos

第2話

「そろそろ僕も、バイトくらいしようかな……」

ぽつりと呟けば、義兄がピタリと箸を止めた。

「えっ。ウチってそんなに家計大変だったの?」

ああー俺そういうの無頓着だからなぁー、とこめかみを掻いている。

ごめんね、と謝りかねない義兄に、慌てて首を横に振った。

「いえそんな……。充分入れてもらってます」

「なら。そんな事言わないでよ。来年は受験だから、勉強も忙しくなっちゃうし」

ああでも忙しくなってもご飯は作ってほしいなぁー、と甘えたように言う義兄の姿に、思わず笑ってしまう。

「大丈夫。高三になっても、ご飯くらい作りますよ」



僕が十歳の時に、両親が交通事故で亡くなった。

それからは、八歳年上の姉が一人で僕を育ててくれた。



そんな姉の結婚相手への条件は、「弟と同居してくれる人」で。学生の頃から付き合っていたカレは、その条件が負担だと、プロポーズまでしていたくせに姉から離れていった。

優しくて、弟の僕が言うのもなんだけど、美人だった姉の前には、恋人候補者が跡を絶たなかった。

それでも僕を「養ってもいい」と言ってくれる人は、全然現れなかった。

そんな姉が、二年前にやっと結婚して。

相手は、裕文さんみたいな随分なお人好しで。

「キミの次に愛してる【BL】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く