キミと紡ぐ【複数ジャンル編】

Motoki-rhapsodos

パラレル 4


「違う……。違うわ。あなたのママは、ちゃんとこの世界にいるから」

お腹を擦り、説得する。

私が元の場所に戻ったら、きっと帰って来るから。

『……ダメだよ。だって、ママはボクがきらいだもん。こんなにくるしいなら、いらないって、なんどもいってるもん』

「バカね」

そう呟いて、脂汗を流しながら笑った。

「ママも、苦しかったのよ。でも、いらないなんて、本気じゃない」

本気なら、雑誌がある訳がない。何度も読み直しただろう、ボロボロになりかけた雑誌。そして、すぐ手の届くところにある、熊のぬいぐるみ。

今自分がしているように、きっとぬいぐるみを握って、痛みと辛いつわりに堪えていたに違いない。

「大丈夫、大丈夫だから」

その痛みも苦しみも、きっと喜びに変わるから。

「あなたが産まれた時は、きっと笑顔を見せてくれるから」

それも、最高の笑顔を。

「……だから、私を元の世界に戻して」

これはきっと、私が望んだ世界。そして私は、この子が望んだ、子供を欲しがっている母親。

二つの世界にいる私達が、お互いを呼んでしまった。

「一緒に頑張ってきた、本当のママを呼んで」

私も、本当の彼を呼ぶから。

そう言って、私は床へと倒れ込んだ。








頭を叩く微かな感触に、顔を上げる。

するとそこに、人口呼吸器を付けて体中に包帯を巻いた、彼の姿があった。叩いてきていたのは、彼の傷だらけの指だったのだ。

しゃべれないのに、何やら口を動かしている。

私は泣きながら、うんうんと頷く。何を言っているのかも解らないのに、彼が私を見つめて喋っている事が嬉しくて、只々頷き続けていた。

「私もね、変な夢を見たのよ」

片手で彼の手を握りながらそう言って、ナースコールを押そうと手を伸ばす。その手には、小さな熊のぬいぐるみが握られていた。

「あっ。夢じゃなかった」

笑いながらそう言って、涙が零れ落ちる。

「それから。あなたが何を言ったのか解ったわ」

とりあえずナースコールを押して、ぬいぐるみを彼の枕元に置いた。

あなたが将来、息子の為に買ってくれるぬいぐるみ。苦しむ私の、支えになってくれるぬいぐるみ。

私達の赤ちゃんも、きっと喜んでくれるに違いない。

そして、あなたがさっき言った言葉は……。




『なんで寝てるの?』

なんでしょ?

「キミと紡ぐ【複数ジャンル編】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く