キミと紡ぐ【複数ジャンル編】

Motoki-rhapsodos

パラレル 3


「絶対、何かおかしい」


彼を見送った後、私は洗い物もせず、リビングの中を歩き回っていた。

リビングの中を見回し、今までの記憶と違っているものを目で探す。

家具も、時計も、記憶にあるままだ。あの時計は、友人が引っ越し祝いにくれたもの。家具にも全て、思い出が残っている。

床に置いたラグも同じ。だが、本棚には、見覚えのない雑誌が置かれていた。妊娠用の情報誌。



他にも見てみると、大きなものは変わりない。だが、ほんの小さな物、洗剤やティッシュ、テーブルに飾ってある花。そんな、使い捨てにするような物が、微かに違っている。



「まさか。……どういう事?」

そして、ぬいぐるみが目についた。

それは前掛けをして、赤ちゃん用だと判る熊のぬいぐるみだった。

彼が、きっと子供が出来たら買いそうな、可愛い小さなぬいぐるみ。

「違う。……これは、違う」

さっきまでは、嫌な夢だと思っていた方が、自分の記憶にはしっくりときていた。

「どうしたらいい?」

自分のお腹を撫で、小さなぬいぐるみを手に取る。



「……このままここにいたら、きっと幸せね」



妊娠している自分、早く帰宅する夫、生まれてくる赤ちゃん。



今まで望んでも与えられなかった物が、ここにはあった。

「だけど……」

主人はどうなるの?

ベッドに横たわり、きっと自分に何が起こっているのかも解っていない、あの人は。

「戻らないと」

ぬいぐるみを握り締め、立ち上がる。

その途端、お腹に激痛が走った。



『ダメだよ』



頭に、声か響く。聞き憶えのないその声は、小さな男の子のものだった。

『いっちゃダメ。ボクも、しんでしまうから』

「え?」

ぬいぐるみを見つめる。そこからしていると思った声は、自分の体の中からしていた。

「赤ちゃん……なの?」

確認するように、お腹を撫でる。すると『そうだよ、ボクだよ』と、泣き声が聞こえた。



『あっちにいっちゃダメッ』



駄々っ子が、自分の中で『ダメ、ダメ』と泣き喚く。その度に、お腹には痛みが走った。

「何言ってるの。あなたのパパが、寂しがってるのよ」

宥めるように言うと、『ちがう、あっちのパパは、ボクのパパじゃないッ』とお腹の中で暴れ出した。

「……なら。私も、あなたのママじゃないわ」

痛みに耐えながら言う。すると、少しの沈黙の後、『じゃあ、ボクはどうしたらいいのッ? ボクはいらないのー?』とわんわんと泣き出した。

          

「キミと紡ぐ【複数ジャンル編】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く