キミと紡ぐ【複数ジャンル編】

Motoki-rhapsodos

パラレル1【現代ファンタジー】


ああ、今が夢ならいいのに……。



そう思うのは、これで何度目だろう。

目の前で眠る主人の顔を、ジッと見つめる。

私よりも、ずっと顔色がいい。

きっと、二十四時間絶え間なく流れ込む点滴のお陰だろう。咽喉元に付けられた『人口呼吸器』のチカラを借りて、この人は今、生きている。

悪夢のような状態。

私達はまだ、新婚だった。

子供だって、授かってもいないのに。

誰がこの人を、こんなふうにしてしまったの?

ぼんやりと、頭を下げていた男の姿が蘇る。自分も額に包帯を巻いているのに、何度も何度も頭を下げていた。

「そんなに頭を縦に振ったら、血が出ますよ」

ほら現に、薄っすらと包帯に血が滲んできてる。

私が微笑むと、男はまるで自分が被害者であるように、怯えた瞳を私に向けた。真っ赤に泣き腫らした、その瞳で。


ねぇ、あなた。

私は、誰を怨めばいいの?

あの、あなたを轢いたトラックの運転手?


それとも、居眠り運転をさせる程、あの運転手を働かせた、トラック会社?

それとも、あなたを夜中まで残業させた、会社の部長?

それとも、帰りが遅いと拗ねて、あなたを急がせた私なの?

それとも……。




答えなんて出ない。


怨むのは、いつも神様の事。

こうしているのは、もう三日目? 五日だったかしら? 一週間?


白い天井を見上げて、私はいつからこのパイプ椅子に座っていたかしら、と考える。


ずっとのような気もするし、さっき来て座ったばかりのような気もする。

考えがまとまらなくて、視線を主人へと戻した。



「……あなた、よく眠るわね?」

返事のないのが判っているのに、話しかけた。

『もうちょっとで、起きるから』

懐かしい声が、頭に響く。


朝が苦手で、何度も起こしに行く私に、あなたは寝惚けた声でいつもそう答えた。


毎朝の、幸せな日常。


「ねぇ、そろそろ起きて」

いつものように声をかけて、体を揺さぶる。だけど、いつもの声が、聞こえない。

「……ねぇ、ほんと起きてよ」

そう呟いて、私はシーツへと顔をうつ伏せた。

          

「キミと紡ぐ【複数ジャンル編】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く