キミと紡ぐ【複数ジャンル編】

Motoki-rhapsodos

雨空【詩】


雨に濡れるのが好き

決して

みんなの注目を
あつめたいんじゃない

ましてや

この涙を
隠したいんじゃない

だって

ひんやりと肌に感じる
雨の冷たさが好き

濡れた制服の
不思議な匂いが好き




「あなたが好き」




前を歩く君に
雨音に紛らせ小さく呟いた

そんな私の唇に

優しい雨が
そっと触れて落ちてゆく

「キミと紡ぐ【複数ジャンル編】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く