キミと紡ぐ【複数ジャンル編】

Motoki-rhapsodos

二日月【詩】


さっき喫茶店で見かけたあのヒトは
まだ泣いているのだろうか

この空が
碧い事にも気づかずに

俯いたまま
涙を流し続けているのだろうか


だけど涙が止まったら
この空を見上げてほしい

たとえそれが
夜になろうとしている
空であったとしても

闇が降りてこようと
していても


今夜の月は
二日月だから

夜空が微笑む姿を
きっと見ることができるよ




          

「キミと紡ぐ【複数ジャンル編】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く