話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

運命に刃向かえますか?神様に歯向かえますか? 。

白海

5、戸惑い


彼は、満足したのかゆっくり離れ、再度舌なめずりをする。



「あー、甘かった。」


 そんな事を言えば、足を崩して地面に座る。相変わらずな笑みではあるが、先程の狂気は消えているように見えて。


 良くよく考えれば、凄いことをしてしまったと 真っ赤になっている私に、彼は 頬杖をしながら はにかむ。


「おいで、マリア。もう、あんな事しないから。」


 余りにも声が優しくて、引き寄せられるみたいに彼に近付き、少し離れた場所にちょこんと座る。隣に来ないんだ、なんて少し寂しそうにする彼に、口を尖らせて、


「貴方を信用できません。」


 率直に呟く。彼を信用することは出来ない。私の不幸を願う自称 "神様"。

 素直に信じられるほど、私は甘くなかった。ギリギリの気力で睨みつける私に、彼は しょうがないと云う感じで 溜息を漏らした。


「まぁ、分かったよ。でも、勘違いしないでね? 。僕は君を愛しているから、苦しむ姿をずっと見ていたい。だけど___ 時々、どろどろに甘やかして、君が僕以外の事を考えられないようにしたくなるんだ。」
 
 
っ ______ 


小さく微笑む彼。あんなに怖かったはずなのに、急に胸が甘く締め付けられる。何なんだ、この 感じは … 。

 違和感に落ち着かず居ながらも、余計 真っ赤になっていることに自分は気付けなかった。

 
 何と返せば良いか分からなくて黙っている私に、彼は 気にせず話をする。


「ちょっと長くなるけど、教えてあげる。僕と云う存在について、君が選ばれた理由について、君の世界について、これから 君が成り代わって生きる "マリア"について ___ 」






「運命に刃向かえますか?神様に歯向かえますか? 。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く