話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

コミュニケーション部 ただ駄弁るだけ

葵 希帆

 コミュニケーション部メンバー

「全然刺激的なことが起こらないのよ」



 この部活は基本、部長の一声から始まる。

「高校生なんてそんなもんだろ」

 部長の言葉に冷たい言葉を返すのは、この部で唯一男子生徒の佐々木武だ。
 佐々木武は高校二年生の男子生徒だ。
 身長百七十半ばと平均より高く、体型は中肉中背である。
 髪は黒の短髪で、あまり身だしなみに気にしない性格なので、髪がボサついている。
 やる気ない目が特徴と言われれば、いささか不愉快だが幼馴染全員に言われているため、認めざるを得ない。
 体型もマッチョでもなければガリガリでもない。
 クラスに入ればただのモブになるぐらい影もなく、存在感も薄い。

 それが佐々木武だ。

 名前も結構ありきたりだし。

「私たち、もう高校二年生なのよ。高校二年生になればなにかが始まる季節でしょ」

 残念ながら武の思いは部長の神木薫には届かなかった。

 神木薫。武と同じ高校二年生の女子生徒だ。
 身長は百四十半ばと高校生にしてはかなり小さい。
 そのせいで、いつも小学生に間違われている。
 赤いランドセルを背負えば百人中百人が小学生と答えるだろう。
 それぐらい、薫は幼児体型だ。
 髪は黒のミディアムボムで、女子高生と意識してほしいのか、毎日手入れをしているおかげで艶がありサラサラしていて美しい。
 目はまん丸で、リスのように可愛らしく頬は肉付きが少ない。
 胸も幼児体型なためなく、推定Aカップ以下である。

 本人は身長だけではなく胸のことも気にしているため、気安く触れられない領域である。

 そのメリハリのない体型はまさしく小学生である。
 だが、幼児体型ということを除けばかなりの美少女で、全国美少女コンテスト、小学生の部なら間違いなく優勝しているだろう。

「あらあら~、薫は少し夢見がちじゃな~い」
「全くです。薫も高校二年生になったんですからもう少し現実を見てください」

 最初、まるで子供をあやすかのように言ったのは武と同じ二年生の周防響だ。
 そして次に慇懃に話しながらも少し呆れている表情を浮かべているのが、同じく二年生の柴田恵美だ。
 周防響の身長は百六十後半と女子にしてはかなり大きい。
 髪は少し紫がかった黒髪で、頭の下で結ぶカントリースタイルのツインテールをしている。長さは肩甲骨ぐらいまである。
 目は狐のように鋭く、いつも妖艶のように笑っているが性格がドSなため嗜虐的な笑みを浮かべているようにしかみえない。
 胸は高校生ではありえないぐらい大きく、推定Gカップはある。
 その胸の脅威は、響が廊下を歩けば必ずと言っていいほど男子生徒が振り向くぐらいある。
 手足も細長く、モデルといっても違和感がないぐらいプロポーションが良い。

 次に発言した生徒は、柴田恵美と言う。
 恵美の身長は百六十半ばとこちらも女子の平均よりは大きい。
 艶のある黒髪で、頭の下で一つ結びにするスタイル、つまりローポニーテールの髪型が特徴である。髪は女の命を体現するかのように腰近くまで長い。
 眼鏡をかけ、その真面目な容姿はまるで学級委員長や生徒会長を連想させる。
 実際、その真面目な性格から恵美は学級委員長である。
 手足も細長く、無駄な贅肉は一切ついていない。
 そうすると響と同じような体型かと思われるがそうではない。
 響と恵美の決定的に違うところ。

 そこは胸だ。

 響が豊満な胸に比べて、恵美の胸は慎ましい。
 推定Aカップである。確かBはなかった気がする。
 本人も胸が小さいところに悩んでおり、毎日バストアップのためのヨガをしていることを指摘しないのは、暗黙の了解になっている。

「そんなことないもん。だって高校二年生の春だよ。出会いの季節だよ。ラノベならなにか始まる季節だよ」

 二人に諭されたにも関わらず、薫は自分の考えを大きな声で主張する。

「ちょっとー薫。現実と仮想が曖昧になってな~い」
「でも薫の言いたいことも少しは分かるな~」
「でも私たちはもう高校生なんだからもう少し現実に向き合おう」

 コミュニケーション部の部員は全員で七人である。

 残り三人の部員が薫にダメ出しをしたり、共感しフォローをする。

 最初にチャラい声で薫を心配した生徒は高校二年生の高橋未奈美だ。
 未奈美は身長百五十後半のギャルだ。
 髪の色は地毛で亜麻色だが、自己主張するために盛っている。
 化粧も先生がばれないぐらい薄くしており、この中で一番美意識が高い。
 目もクリクリして大きく、頬も化粧などしなくても十分なぐらい張りがある。
 体型も女子高生の平均ぐらいで胸もCカップはある。
 胸元も大胆に開け、スカートもギリギリまで短くしているその姿はまさに今どきのギャルである。

 次に薫に優しく共感した生徒は、同じ高校二年生の西園寺雫だ。
 身長は百五十半ばと薫の次に小さい。
 髪は外国人ですら羨むぐらい美しいプラチナブロンドで腰近くまで長さがある。
 そんなに長いにも関わらず、枝毛一本見当たらない。
 きっと雫が社長令嬢だからだろう。きっと高級なシャンプーやトリートメントを使っているに違いない。
 柔和そうなその目は、物腰が柔らかそうな印象を与える。
 胸も大きく、響の次ぐらい大きい。推定Eカップである。

 雫の体型を一言で表すならロリ巨乳である。

 そんな人形のように整っている雫だが、もし欠点を一つ上げるなら痴女ということだ。

「コミュニケーション部 ただ駄弁るだけ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く