話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ロリかの

葵 希帆

 小学生とハグ

「そんなにお休みがあって羨ましいです」

 美代は目を爛々と輝かせる。

 確かに小学生の美代が一年間も休んでいると聞いたら羨ましく聞こえるのだろう。

 その目があまりにも眩しくて、大輝の心はチクリと痛む。

「全然羨ましくなんかないよ。ただのずる休みだよ」
「……」

 今度はどんな反応を取れば良いのか分からないのか、口をポカンと開けて思考停止している。

「僕は引きこもりなんだ。だからずっと家に引きこもっている。外を出歩くのはコンビニに用がある時くらいだけ。だから全然羨ましくもなんともないよ」

 大輝は自嘲しながら美代に話す。

 なにも知らない人が引きこもっているといえば軽蔑されるか、羨ましいと思われるかの二択だろう。

 軽蔑する人たちの思考はきっとこうだろう。

 社会に馴染めないなんて人間として終わっている。
 ストレスに弱いチキン野郎。
 引きこもりなんてみっともない。

 逆に羨ましいと思う人たちの思考はきっとこうだろう。

 なにもしないで生きていける。
 親のスネをかじって生活できるなんてなんて楽なのだろう。
 毎日家でゴロゴロできて羨ましい。

 多分、これが世間が思う引きこもりの評価だろう。

 確かに少しは当てはまっている部分もあるがたくさん違うところだってある。
 例えば、家を出たくても引きこもっていた過去がある限り、「あいつ引きこもりなんだぜ」という視線や評価が怖くて家から出れない人もいる。
 その他にもまた嫌な目にあいたくない人もいるし、変な目で見られるのが怖い人もいる。
 引きこもりの大半の人間が自分のことを過小評価しており、自分に自信を持っている人は少ない。
 世の中の人間は個性が大事だと言っているけれども、個性的な人はなにかと排斥されやすい。

 だから息を潜めて大人しく生きていくのが無難である。

 大輝はそれができなかった。

 うまく、友達を作ることができず、友達の輪に入ることもできず、クラスで孤立した。

 その結果が引きこもりだった。

 美代は今なにを考えているのだろう。

 もちろん、大輝には分からない。

 最近人と接する機会もほとんどなかった大輝に未知の存在、女子小学生の思考を理解しろということ自体、無謀だった。

「ごめんなさい大輝さん。言い辛いことを言わせてしまった」

 美代は軽蔑するのでもなく、再び羨望するわけでもなかった。

 頭を下げて謝ったのだ。

「えっ……えっ……」

 この状況にコミョ障の大輝は大いに戸惑った。
 男子高校生に本当に申し訳ない表情で頭を下げている女子小学生。
 傍から見れば事案に見えなくもない。

「ちょっと顔を上げて美代ちゃん」

 とにかくこの状況はまずいと思った大輝は美代に頭を上げさせようとする。

「はい」

 美代は素直に大輝に指示に従った。
 こういう素直さは小学生らしくて可愛らしい。

「別に美代ちゃんが謝ることはないよ。引きこもっている僕が悪いんだし」

 大輝は作り笑いを浮かべる。

「いえ、私こそ変な検索をしてしまってごめんなさい」

 しかし美代は真剣な表情で大輝に謝罪する。
 それは高校生の大輝が引いてしまうぐらい真摯な謝罪だった。
 必死すぎる美代になんて言えば良いか分からなかった大輝は、次の言葉が出なかった。

「大輝さん」
「はい」

 いきなり大輝の前に立ち上がり、美代に名前を呼ばれ反射的に返事をする大輝。

「辛かったですよね」

 美代はそう言うと大輝の頭に腕を回して優しく抱きしめた。

「えっ……」

 予想外の言動に大輝の思考はフリーズした。

 一体これはどういうことだろうか。

 さっき道端であった小学生といつの間にか抱き合っている。

 大輝自身、意味が分からない。

「大丈夫です、大輝さん。私がいます」

 なぜか美代は泣いていた。

 小学生の未発達な胸にうずくまる大輝。

 ここを通報されれば間違いなく大輝は豚小屋行きだ。

「……ぅ……ぅ……」

 でもなんでだろう。

 涙が出るのは。

 目元が急に熱くなったと思ったら、熱い涙が込み上げてきた。

 あーそうか。

 そして大輝は理解する。

 僕は誰かに理解されたかったんだ。

 引きこもりになり、まるで腫物に扱うようになった両親。
 大輝のことは心配するものの、理解まではしてくれなかった幼馴染。

 だがこの小学生は違った。

 美代は本気で大輝に共感し、痛みを理解した。

「僕は……僕は……」
「泣いて良いですよ。私の胸で良ければ」

 美代はまるで聖母のように大輝を抱きしめる。

 その後、大輝は今までの汚れを出しだすかのように美代の胸で泣いた。

「ロリかの」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く