話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

高森陽菜はいつも空回り

葵 希帆

 高森陽菜は空回りをする

「大変申し訳ございませんでした―――」

 頭突きの痛みが和らいで目を開けて頭突きをした犯人を確認すると、床に土下座した陽菜の姿が目に入った。
 体を小さく丸めて、三つ指を付いた土下座。

 それは誠心誠意込めた完璧な土下座だった。

 陽菜はきっと、誠意を表したつもりなのだろう。
 だが、周りが彼女の行動の意味をくみ取るかは別である。

「いきなり、どうしたの。喧嘩」
「女子生徒に土下座させてるよ」
「もしかして鬼畜じゃない」
「もしかして、そのうち俺の足を舐めろとか言い出すんじゃない」
「サイテー」

 人間、共通の敵を見つければ一致団結する生き物である。
 今まで様子を伺っていたクラスメイトがここで心を一つになる。

 大雅を悪役にして。

「良いから頭を上げてくれ。このままじゃ俺が社会的に殺される」

 痛む頭を押さえながら、優しく声をかける大雅。
 大雅の許可をもらった女子生徒は恐る恐る顔を上げる。

「俺は大丈夫から、土下座は止めてくれ」
「……はい」

 陽菜の謝意は伝わった。これ以上土下座をされると周りからの責めるような視線で大雅の胃に穴が開いてしまう。
 大雅に許された陽菜は立ち上がり、自分もぶつけて痛かったのか頭をさする。

「まぁー落ち着け。一旦席にでも着け」

 人間、自分より焦っている人を見ると冷静になる生き物だ。
 初めてのクラスに緊張していた大雅だったが、逆に陽菜の慌てる姿を見て、落ち着いた。

 高森陽菜。同じクラスだから、大雅と同じ高校一年生だろう。
 身長百五十半ばと平均的な女子の大きさである。
 茶髪のボブカットで、くせっ毛なのかところどころ髪の毛が跳ねている。
 クリクリと丸い目に人懐こそうな印象を与える。
 肌も瑞々しく、まさに女子高生である。
 胸も平均的な大きさで、推定Cカップ。
 率直な感想では、どこにでもいるような女子生徒だった。

 ただ、空回っているところを除けば。

「いきなり頭突きをして痛かったよね」
「まぁー痛くなくはなかったな」

 つまり、痛かった。

「私、なぜか張り切ると空回りしちゃうの」

 陽菜も初めてのクラスで緊張していたのだろう。
 だからこそ、張り切って盛大に失敗してしまったわけではある。

「うぅ~、しょっぱなから嫌われちゃった」

 最初から失敗した陽菜は涙目を浮かべながら落ち込む。

「別に嫌ってはないぞ。むしろ、インパクトが強くて面白い」

 確かに頭突きは痛かったが、陽菜だってわざと頭突きをしたわけではない。
 それに、悪いことをしたら素直に謝ることができるところは、大雅的にポイントが高い。

「本当ですか。それは良かったです」

 陽菜は自分の胸を押さえながら安堵した表情を浮かべる。
 そんな陽菜が少し可愛かった。

「そう言えば俺の自己紹介がまだだったな。俺は佐藤大雅。これから一年間よろしくな」
「はい、佐藤君。よろしくお願いします」

 陽菜は嬉しそうに手を差し出してくる。
 その手を見てピーンと来た大雅は握り返す。

 つまり握手だ。

 陽菜の手は女の子らしい柔らかい手でサラサラしていた。

「佐藤君の手ってゴツゴツして大きいね」
「そうか。……高森の手も小さくて柔らかったぞ」

 素直に褒められた大雅は少し恥ずかしがる。
 中学の頃までほとんど一人で過ごしていた大雅にとって、女子との握手は新鮮だった。
 ラノベやマンガには幼馴染の美少女が定番だが、そんな女子大雅にはいない。
 あんなものは幻想だ。あれは作者が作り出しまやかしだ。

「これで友達が一人できたよね」
「……そうだな。多分できたんじゃないか」

 自己紹介して握手しただけで友達と呼べるのか疑問だが、友達宣言されて嬉しくなくはなかった。
 むしろ、入学初日に友達ができて嬉しかった。しかも女の子だ。
 これで興奮しない男子なんていない。
 それに陽菜は悪い奴ではない。顔もブサイクではないし性格も悪くないと思う。

「次は前の席に座った人と友達になります」

 陽菜は張り切りながら立ち上がって宣言した。
 陽菜の度胸や行動力は凄い。だからこそ、今度こそ空回りしないように大雅は願う。
 その五分後、陽菜の前の席に女子生徒がバックを机の上に置く。

 今だ。

 大雅は友達として陽菜を応援する。

 今度こそ成功してくれ。

「私高森陽菜と言います。これから一年間よろしくお願いします」

 今度は噛まずに言えた陽菜。
 しかも頭突きもしていない。

 これは成功か。

 そう思った時、またしても悲劇が起きる。
 陽菜が頭を下げた瞬間、なぜかスカートを掴んでしまいずり下ろされる。

「「「……へっ」」」

 クラスの空気が凍ったのは言うまでもない。

「高森陽菜はいつも空回り」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く