話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

百合色は夕焼けに落ちて

葵 希帆

 どうしてこうなった?

人には絶対に知られたくない秘密というものがある。
 知りたくない秘密というのは知っても、自分に利があることはない。

「なんであいつが柊姉妹に懐かれてるだ」
「羨ましい。殺す、殺す」
「私のお姉様が、あんな野郎の毒牙に~」

 校内から浴びせられる嫉妬や羨望。
 はっきり言って吉田聡は辟易していた。

「どうしたの聡君。朝から疲れてるの。もしかして昨日の夜、一人エッチし過ぎて疲れてるの。聡君も男の子だね」
「夏帆、朝から下品な話題は止めてください。吉田さんが困ってるでしょ」

 右側にいる女子生徒が、面白おかしく聡をからかい、左側にいる女子生徒が聡をフォローし、右側にいる女子生徒を窘める。
 右側にいる女子生徒は柊夏帆。左側にいる生徒は柊秋帆。
 二人は校内二大美少女と呼ばれる双子の姉妹だった。
 なぜ、平凡の男子高生、聡が二大美少女の姉妹に朝から囲まれているかと言うと、話は昨日に遡る。



 いつも通りの授業を終え、帰りの用意をしていた聡の元に担任の先生がやって来た。

「これ、旧校舎の三階の美術室まで運んでおけな」

 担任の先生は、聡の返答も聞かずに教室を出て行ってしまった。

「マジかよ。なんで俺なんだよ」

 聡は明らかさまに不機嫌なため息を吐き出す。

「あはは、ご愁傷さま、聡」

 ケラケラ笑いながら聡をからかってきた男子生徒は高田順次。聡の友達である。
 身長百八十前半と高く、しかもガッチリしている。
 そんな順次はサッカー部のエース。運動神経も良く、イケメンな順次はモテモテだった。
 明るい性格に加え、お茶ら気もありクラスのムードメーカな存在だ。
 だからこそ、順次は人気がある。噂によれば順次のファンクラブもあるらしい。

 そんな順次と真逆のモブ、吉田聡。
 聡の身長は百七十後半と、順次とそこまで変わらないが運動をしていないため、ヒョロヒョロである。
 運動神経も良いわけでもなければ、学力も平々凡々。
 クラスで言う空気みたいな生徒だった。
 そんな聡と順次の付き合いは長く、高校一年生の時から続いている。
 もし、順次と同じクラスでなかったら、順次と友達にはなっていなかっただろう。
 それぐらい順次と聡の生きる世界は違すぎる。

「なら代わりに順次が運んでくれよ。足、速いだろ」
「悪い悪い。俺部活だった」
「今まで話していたのに」
「それに女子マネージャーが俺のこと呼んでるぜ。さらばだ、聡」
「なんて見え付いた嘘を」

 順次になすりつけようとした瞬間、見え見えの嘘を付いて順次は教室を飛び出していった。
 もちろん聡も本気で押し付けるつもりもなく、順次もそれが分かったうえでつまらない冗談を言って出て行った。
 そんな順次が面白くて、笑いが込み上げてくる。

 順次は最高だ。

「ホント、順次は面白いな」

 聡はこの生活に満足していた。
 友達は決して多くはないが、冗談を言い合える友達や、聡の良き理解者もいる。
 だからこそ、この平穏な日常が卒業するまで続くと思っていた。

 この日までは。

「百合色は夕焼けに落ちて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く