転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》

ガブさん愛好会会長

龍の泉へ


「念話で呼べないかな?」

「来いって念じれば来そうですけどね。」

「やってみよ。」

"来い、エグサリュート。"

〔おい!そんな魔力の量で呼ぶな!〕

「あ、本当に来た。」

〔それはそうとなんでそんなにボロボロなんだ?〕

「それがな…。」

四天王にやられたこと。まだ弱いからこれから強くなりたいこと。自分より強いエグサリュートに訓練をつけて欲しいことを話した。

〔わかった。それじゃあ俺の背中に乗れ。〕

「どこに行くんだ?」

「龍種といえば龍の泉…ですか?」

〔大天使さんわかってるか。そうだ。今から龍の泉に向かう。あそこには俺の師匠もいるしな。〕

「わかった。よろしくな、エグサリュート。」

〔任せとけ。行くぞ!〕




〔ついたぞ。〕

「「おぉー!」」

「ここが龍の泉…。綺麗なとこだな。」

「そうですね!神秘な感じがします!」

〔そりゃ俺たちの自慢のとこだからな。あそこが俺の師匠がいる場所だ。〕

「おや?エグサリュートではないか。」

「人!?いや龍人か。」

「いや、今はこんな姿をしているが普段は龍の姿だぞ?それはそうとお前さんは誰だ?そしてここに何しに来た?」

〔こいつらは守護者です。そのうち一人は大天使ですがね。特訓しに来たんですよ。特訓。〕

「はじめまして。輝守です。」

「私はガブリエルです。」

「おー!お二人さんがあの守護者か!わしは元龍王アルカナだ。わしが鍛えてやろう。大天使の方は相方の方が強くならないと本気が出せんのだろ?」

「!知ってたんですか?」

「そんな感じがしとった。ただそれだけだ。エグサリュート、お主も人の姿になっておれ。あそこにはこの姿では入れんだろ?」

〔わかりました。人化!〕

「エグサリュートもできたのか!?」

「あぁ、できてたぞ?」

だったら初めて会った時も人化しろよ…。

「さて、まずあそこに行くためには龍の泉の水を飲まなくてはならん。エグサリュートよ。持ってきてくれ。」

「すまん、エグサリュート。」

「あぁ、大丈夫だ。」

「見たところではあるがお主は強くなれる。ちときついが頑張ってついてこい。」

「わかりました!ガブさん、絶対強くなって見せるから!」

「はい!頑張って下さい!」

「守、ガブリエルさん、ほら。」

「ありがとう。」

「ありがとうございます。これを飲めばいいんですか?」

「そうだ。それを飲むだけでも身体能力が上がる。だがそれを飲むことであるところに入れるようになるんだが…。それはついてからのお楽しみだな。」

どんな訓練が待っているのか…。絶対強くなってやる!そして、あの四天王とリベンジだ!


「転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く