転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》

ガブさん愛好会会長

魔人激突!


「あれか、魔人の軍団って…。」

「そう見たいですね。一気に片付けちゃいましょう。」

「行くよ!守護之王ガブリエル守護礼装ガーディアンモードッ!」

「はい!守護之王ガブリエル天使礼装エンジェルモードッ!」

「「天恵時間エンジェルタイム ッ!」」

「なんだ?俺たち魔人に歯向かおうとする奴は?」

「"守護者"として、終焉の天啓ラグナ・カルタを伝えます。」

「悪いことは言いません。軍を引き上げて下さい。」

「はっ!守護者なんざどうってことねぇさ!なんだって魔王様がいるからな!やるぞテメェら!」

おぉぉぉぉ!

「はぁ。仕方がないですね…。神豪虚無斬ゴットスラッシュゼロッッ!」

ザンッ!ザンッ!

「なんだなんだ?うわぁぁぁァァァァ!」

「くらいなさい!天鎖判決雨ジャッジチェーンッ!」

シュバババババッ!

「ぐわぁぁぁ!誰か助け…。」

「お前ら!くそッ!我が意に従い相手を滅せよ!プロージョンッ!」

「そんな弱い魔法効くわけないでしょ?虚無結界フォーリアゼロ。」

「な!?そんなの勝てっこない!」

「そうです。最初から決まっていたんですよ。貴方たちの敗北が。」

「だから言ったんです。軍を引き上げろって…。」

「うわぁぁぁ!」

光の矢シャイニングアロー!」

グサッ!

「カハッ!魔王…様…。すみま…せん。」

「ふぅ。終わりましたね。ガブさん。」

「はい。みんなのところに帰りましょう!」

「そうですね!」

「守さんが私に対して丁寧な口調なのは新鮮ですね!」クス

「笑わないで下さい!この姿だと勝手にこうなっちゃうんですから!」

「わかってますよ〜。」

「はぁ。」

こうして一瞬にして魔人を消し飛ばしたのであった…。

「転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く