転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》

ガブさん愛好会会長

10天聖集結!


馬車の中で沢山話したせいか仲良くなることができた。

「どこに向かってるんだ?」

「集合場所だよ。」

「そういえば俺が邪竜と戦ってた時ルビーは戦わなかったんだ?」

「…。」

「まさか…。」

「すみません、寝てました!」テヘペロ

「…。」

「「ハハハハハハ!」」

「ふぅ。あの中で寝れるとか面白いな!」

「私自身もビックリ(笑)」

「姫さまもうすぐ着きますよ。」

「ありがとうナルダン。ここが集合場所だよ。」

「ん?ここか?なんもないようにしか…。」

「ついてきて。」

「わかった。」

「今から見えるようにするから離れてて。」

「了解。」

ピッ

【合言葉をどうぞ】

「天聖冥土」

ゴゴゴ

合言葉制かよッ!まぁいいか。

「行くよ。」




「おまたせみんな。」

「よぉ〜遅かったねぇ〜。」

呑気そうなエルフだ!

「おっす!ルビー!」

お!元気そう!

「よう。」

あからさまにクール感が漂ってるな。

「ちっす!」

元気っ子だなぁ。

「こんにちは!」

礼儀正しいな。

「少し遅れたな!」

時間結構気にする人なのかね?

「…。」

この人が監視者かな?

「遅れたらあかんよ〜!」

大阪人!?

「で、」

「「「「「「「「この人はまさか…。」」」」」」」」

「初めまして。守護者の輝守です。よろしくお願いします。」

「「「「「「「「よろしく!」」」」」」」」

「やっと見つけたんか!ルビーよくやったな!」

「私にかかればこんなもんよ!」

「あの、俺少しいそいでるんですけど…。」

「あぁ、すまん。まずは話し合いをしようか。
まず俺は光の管理者シャエルの契約者、コラマ・サンだ。」

「水の管理者ウォジュエルの契約者、ラン・ウォパシェ。よろしくです!」

「自然の管理者リーフィの契約者、リーン・ユグ。よろしくねぇ〜。」

「…監視者クイナの契約者、バイス・タイタン。よろしく。」

「治療者メディーの契約者、エルン・エルンカや。おおきに!」

「太陽の管理者サリーの契約者、ラルク・ソルアだ!よろしくな、守!」

「使役者サムの契約者、ジュリエット・マルカナ!よろしくたのんます!」

「総括者リスエルの契約者、ライル・ホッカです。よろしくお願いします守さん!」





「なるほどね。守くんは転移者で前世が守護者。そして友達がエルネストの勇者か…。」

「それは助けなきゃね。」

「守護者だけでもいけるのでは?」

「ガブリエル様と守の力を見ることも兼ねて街に住む人を避難させない?」

「それがいいな。守、それでいいか?」

「うん。」

「よそよそしくしなくていいぜ?普通でいいんだよ、普通で。」

「あぁ、わかったよ。明日作戦というか突撃でいいんだよな?」

「おう。よろしく頼むぜ、守護者さん。」



こうして10天聖が集まったのであった。

「転移守護者と10人の天使《テン・エンジェルズ》」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く