栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

湧いて出てきた気持ち

 その日は確実に特筆するようなことも無い一日になる......はずだった。少なくとも下校するまでは。


 下校時、いきなり僕の前に見知らぬ男が立ちはだかった。その男に関しては恐らく同い年で、他校の生徒あろうということ以外なにも分からなかった。


 僕は一旦歩みの速度を緩め、横を通り過ぎようとした。しかし、手を思いっきり伸ばされ、僕の進行は阻止された。


「あんた、ハヤテだろ?」


「え、えぇ。そうですけど、わざわざ止めるってことは、僕に何か用ですか?」


「ん、ちょっとツラ貸せ。」


 僕は何が何だか分からないまま、その男について行った。男が僕を連れてきたのは、河川敷を少し歩いたところにある橋の下だ。


「んで、用ってのは何ですか?」


「ハヤテ、俺と勝負しろ。」


「はァ?」


「俺から見て、お前はどっからどう見ても普通の男だ。特にイケメンでもなく、腕っ節も強ぇってワケじゃ無さそうだ。」


「僕のことそんなに知らないのに、よくもまぁそんなにdisれますね。」


「どうしてお前なんだ。」


「は?」


「どうしてお前みたいな普通のヤツが、あんな伝説のヤンキー達と肩を並べて歩いてて、そしてあんな綺麗な女の子と一緒に過ごしてるんだ。」


「はァ? ショウタとかアミのこと言ってんのか? そんなんで僕のこと呼んだのか?」


「アミって言うのか、あの子。」


 あー、何となく分かってきたぞ。コイツは僕がアミの彼氏か何かと勘違いしてて、更にコイツはアミに恋してるという感じなわけだ。面倒臭いのに絡まれたな。


「はァ......アンタの言いたいこと、やりたいことは何となくわかった。」


「お、やる気か?」


「ちげーよ、あんたアミのこと好きなんだろ? だったら突撃する相手まちがえてんだろ?」


「なっ!?」


「違うか?」


「なるほど、さっきアンタのこと普通だとか言ったけど撤回するよ。そして謝らせてもらおう、すまなかった。」


「はぁ。」


「それで、お前はアミの彼氏ではないという認識で良いんだな?」


「まぁね。」


「じゃあ、遠慮なく突撃させてもらう。」


 その男は僕の言った通り、その場から去ろうとした。しかし、この瞬間、僕の脳内......いや心の中に何か変な気持ちが湧いて出てきた。


「いや! ちょっと待て!」


 気づけば僕の口は勝手にそう叫んでいた。気づけば僕の僕の手はその男の腕を掴んでいた。

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く