栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

ワビイチとネコちゃん

 俺の名前は鯖渕 嶺猫サバブチ ネネコ。高1。よく色んな人から、男のクセに女みたいな名前だとバカにされる。


 自己紹介はこれくらいにして、俺には最近気になっている女子が居る。他校の制服で、名前も知らないが、ちょくちょく帰りの電車で見かけるのだ。


 皎然たる髪、薄紅梅の唇、水晶のような瞳、全てが美しく、俺の心に突き刺さってきた。


 なんかストーカーじみてきたから、この辺でやめておくが、ホントに「恋に落ちるとはこういうことか」という感覚を教えてくれた。


 しかしながら、俺は彼女に話しかけるという段階に至ってない。それは俺が元来コミュ障ぎみというのもあるのだが、それとは別に彼女はいつも男を侍らせている。


 男の方の名前は知っている。ハヤテとかいう名前だ。このハヤテとかいう男、なかなかに謎に満ちている。


 容姿や話している感じ、オーラ等ありとあらゆる彼のステータスは『The普通』なのだ。


 至って凡人、究極的に平均的、何もトガったものを感じさせない、道ですれ違ったなら3秒で顔を忘れるような感じの男だ。


 そんなヤツが何故、あんな容姿端麗な女性と共に歩いているのだ? 財布か何かか?


「おいネネコ! 聞いてるんか!」


「お、あっ、すみません!」


 瞬間、現実に引き戻された。そう言えば今は世界史の授業中だった。世界史の先生、フツーに授業やってる感じで、振り向きざまに流れでヌルッと怒ってくるから油断できない。


「ったく、集中しろよ?」


「は、はい。」


 授業終了後、俺の前の席の友人が、くそニヤニヤした顔で俺の方に振り向いてきた。


「ネコ......怒られたな?」


「ちっ、あのジジイ普通に授業やってる流れで怒ってくんなよな......」


「なに考えてたんだよ?」


「ワビに言うようなことじゃねーよ。」


「なんだ? オンナか?」


「だっ、なわけねーだろ!」


「あ〜! オンナだな! クマに言ってやろ。」


「広めんなバカ!」


「広めんなってことは、図星だな?」


「あっ! てめ!」


「ネコちゃん発情期ですかにゃ?」


「ワビ、てめぇこのやろ!」


 俺はワビイチのことを捕まえようとしたが、スルりと躱されてしまった。俺は悔しさパワーを眉間に溜め、ワビイチのことを睨んだ。


「オーオー、発情期のネコちゃんは暴れん坊で怖いにゃ〜!」


「ワビ!」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く