栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

頭に直撃した豆腐の角

 散々一方的に言われた後、マキは図書室のカウンターで放心状態となって座っていた。2人が去ってほとぼりが冷め、マキのことを見兼ねたテツは、一冊の本を持ってマキの所へ歩いていった。


「形無しですね先輩。」


「ぅん......なんて?」


「はぁ......なんスか、その炭酸抜けたコーラみたいな返事は。先輩、多分アミのこと見くびってたでしょう?」


「そうかな?」


「その気の抜けようはそうだと思いますよ。ん〜で、俺が気になることは一つ。先輩って、わざとアミをあんな風に追い詰めるようなこと言ったんですか?」


「ん......」


「先輩、完全に骨なしチキンになりましたね。俺の質問に答えるのも億劫ですか?」


「ナマ言ってんじゃないよ......私だって......」


「はい?」


「私だって......こんな結末になると思って、あんな事を言ったわけじゃない。ただ単純に、彼女を精神的に揺さぶれば、タイヨウは私の所に来るって......そう思ってただけなんだよ......」


「そう思ってた割には、ハヤテにも手を出そうとしてましたよね? それもアミに対する揺さぶりの一つですか? 俺けっこー色んな事知ってるんですよ?」


「もういい......これ以上、あの2人の話はしないで。」


「学校イチの天才を追い詰めた者の末路か。おー怖......って、先輩まだ相手がアミで良かったッスね。」


「それはどういうこと?」


「俺らの学年にいる、もう1人の天才......いや天災を相手にしてたら、多分もう2度と学校の敷地を跨げなくなる所でしたよ。」








 僕は校舎から出た後、いつもならアミと一緒に駅ビルへ夜ご飯と採点の為に行くのだが、今回は別方向へと1人で向かった。


 今日はバイト......なのだが、いつもより気が重いバイトだ。前回、友人の代わりに入った深夜シフトで、ショウタが好き勝手に暴れてくれた。


 それが何をどう曲がりくねって伝わったのか、店長がショウタが暴れた理由は僕にあるとか勝手に決めつけたのだ。


 単純に、暴れたショウタが僕の友達ということで、僕も関係あるとか思ったのだろう......嫌な気分だ。


「お疲れ様〜ッス......ってイタッ!?」


 コンビニの裏から入るなり、いきなり僕の頭に何かが直撃した。地面に落ちたようなので、何が当たったのか見てみると、それは豆腐だった。


「よく来たなハヤテ。」


「店長......」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く