栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

アキバの苦手科目女心

「はぁ?」


「だーかーら、分かってないって言ったの。」


「何が分かってねぇんだよ。」


「タイヨウ......ホントに分かってないの? 私は貴方と一緒にいたいから! 彼女だから少しは独占したいから! ああやってアソコから引き剥がしたんじゃないの!」


「あぁ......」


「何が『あぁ......』よ。人の気持ちも知らないくせに! 彼氏が他の女から勉強教えて貰ってるなんて聞いたら、妬くのが普通でしょう?」


「なるほど......」


「なるほど、とか言わないでよ。何も私の気持ちを理解してなかったクセに! 」


 マキは机の上に置いてあった英語の辞書を、感情に任せてアキバに投げつけた。アキバは何も言い返す事が出来ず、ただ投げつけられた英語の辞書を持ったまま、その場に立ち尽くす事しか出来なかった。


「早く行って。そんなに部活のヤツらと他の女から勉強教わりたいならさ、さっさと私の前から消えてよ。」


 マキはピシャッと冷たく言い放った。アキバはもうどうして良いか分からず、そのままフラフラとその場を後にした。


「馬鹿野郎が......」


 アキバが行ってしまった後、マキは1人静かにその場で泣き崩れた。マキの手のひらには、2人が付き合うキッカケとなった短冊が握られていた。








 取り敢えず無事に今回の特別補講も終わり、先輩達も徐々に問題を解けるようになって来て上達を感じている様子であった。


「それじゃあ今回はコレで。」


「「「ありがとうございました!」」」


 僕はアミと一緒に荷物を纏めて教室から出て行った。すると、何かムシャクシャした様子のケンジ先輩がコッチに向かって来るのが見えた。


「ケンジ先輩!」


「あぁ......アミ、ハヤテ、悪ぃな、アキバのこと連れて帰って来れなかったわ。」


「いえいえ、良いんです。そもそもこの特別補講そのものは自由参加なんですから。」


「あぁ......だけどよ、甲子園に行くっつー事は、この仲間たちで頑張ってくって事なんだ。だから勉強ひとつ取っても、この仲間たちで頑張れなきゃ意味がねぇと思うんだ。」


「ケンジ先輩......素晴らしいです、その考え方。そこまで辿り着けたなら、甲子園に行く事だって出来るはずです。」


「あぁ、ちょっと前まであんなに分からなかった問題も、お前たちのお陰で、アイツらも俺も何となく解けるようになって来てる。この壁を乗り越えたっつー財産は、きっと一生モンだろうよ。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く