栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

僕と先輩とホラー映画

 休日、僕は電車に乗って隣の街に出かけた。窓から入ってくるポカポカ陽気に眠気を誘われながら、目的地にたどり着いた。


 僕は駅を西口から出て、そのまま駅前にある映画館に入った。悲しいことに、僕はあまり友達が居ないもんで、安定のボッチ映画だ。


「えーと......『ヘリックス』を学生1枚で。」


 僕は新作のホラー映画を見ようと、チケットを購入しようとした。しかし、突如後ろからポンポンと肩を叩かれた。


「すみません、2枚で変更お願いします。」


 そう言いながら、僕のチケット購入に便乗してきたのは、この前図書室で出会った委員長だ。


「あ、先輩。」


「ハヤテくん1人でしょ? もし良かったら一緒に見ない?」


「そ、そうですね、先輩が良ければ。」


「それじゃ決まりね!」


 そう言いながら、先輩は『笠松 真貴』と名前が書かれた学生証を差し出した。それに応じるように僕も差し出し、学生料金で映画を見られるようになった。


「先輩、意外とホラー見るんですね。」


「ん? あぁ、まぁね。」


「てか、もしかして先輩ってミカのお姉さんですか? さっき学生証見えて、苗字が同じだったから......もしかしてと思って。」


「そうよ。学生新聞のネタ探しばかりに躍起になってるミカは、私の可愛い妹よ。」


「なんか......ディスってません?」


「そんな事ないわよ?」


 ミキ先輩は何処吹く風と言った涼しい顔して、ポップコーンのソーダを買うための列に並んだ。僕もすぐ後ろに並び、財布の中の残金を確認した。


「マキ先輩とテツってどういう関係なんですか? 学年2つも離れてたら、そうそう仲良くなる機会とか無いですよね?」


「彼とは普通のお友達よ。彼と仲良くなったキッカケは、単純に彼がよく図書室に頻繁に訪れるからかな? まぁ話して楽しそうなら、別に年齢なんて関係なく友達になるわよ。」


 ミキ先輩はそう言いながら、映画のパンフレットをパラパラと捲って眺めていた。


「んじゃ、大して話して無い僕は、これから先輩とワンチャン仲良くなれるかも的な感じなんですね。」


「そうね、ハヤテくん悪い人じゃ無さそうだし......何より日頃から女友達と仲良くしてるってのがポイント高いかな?」


「アミのことですか?」


「そ、2人お似合いだと思うんだけどな?」


「いやぁ......どうでしょ?」


「じゃあ私がハヤテくんの彼女になろうか?」


「え?」


「ふふっ......じょーだんよ。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く