栴檀少女礼賛

マウスウォッシュ

新聞屋に刺される金釘

 翌朝、アミと2人で一緒に家を出た。そして登校する途中、駅でアキバ先輩と会った。


「アキバ先輩おはようございます。」


「お、ハヤテ君にアミちゃん。おはよ。」


「アキバ先輩、あの後ケンジ先輩の様子はどうですか?」


「年下のアミちゃんに痛い所突かれて、かなりクソ不貞腐れてたけど、たぶんアイツは今日の放課後も来るよ。」


「それは良かったです!」


 普通の人なら、昨晩カウンセリングされた直後に、次の日に使う資料を用意して、翌朝元気に登校するなんて出来るわけがないだろう。


 しかしアミは違った。僕より圧倒的に早く起床し、僕が目覚める頃には既に身支度を整えて、まるで朝の新聞を読む父親のように、本日分の特別補講のテキストがキチンと印刷されてるか確認していた。


 アミは体質からして常人とは一線を画していると実感させられた。まぁ、そもそも僕は、割かし他人より少し長めに眠りたい人間ではあるのだが。


「それじゃあアキバ先輩。また放課後で。」


「あぁ、今日もよろしくな。」


 そう言ってアキバ先輩は、自分の教室に向かって行った。僕はソレを見送ると、アミに小さめの声で話しかけた。


「今日休んでも良かったんじゃないの?」


「いや、ダメだよ。こういうのは継続が大事なんだよ。それに、この前ケンジ先輩に啖呵切った手前、勝手に休むなんて無責任過ぎるしね。」


「そういうもんかな?」


「そういうもんだよ。」


 僕達2人が教室に入ると、いきなり、ゴシップ大好き新聞ネタ探しのミカが突撃してきた。


「なんだよミカ。」


「お二人さん......おアツいですね〜!」


 ミカは異様にニヤニヤしていた。たぶんアミが僕の家に泊まったネタでも、早速掴んできたんだろうけど、ここでこちら側から喋るのは賢いことでは無い。


「なんの事?」


 僕はわざと惚けた。もしかしたらミカが別のネタを掴んでいて、ここで僕が「もしかしてアミが僕の家に泊まったこと?」なんて言おうものなら、墓穴ホリダー以外の何物でもない。


「またまたぁ! とぼけちゃって!」


「ミカ、あまり他人のプライベートにズカズカ立ち入らないことをオススメするよ。もしこれ以上ムリに聞くようなら......分かるよね?」


 アミは自分のロッカーから、古文辞書と化学の教科書を取り出しながら、ミカの目に鋭い視線を向けた。


「ん......わ、分かったよ。」

「栴檀少女礼賛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く