話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

「拝啓、親愛なるヒカルに告ゲル」

コバヤシライタ

第二部「僕に彼女に降り積もる雪」①

「僕に彼女に降り積もる雪」


殺風景な景色を雪が白く染め上げる
タンスの中から一回り大きいコートを取り出そう
彼女と僕のケンカもこんな風に
いろんなゴタゴタも白く染め上げて
新しい喜びをたくさん着込もう

雪が降り積もる
彼女のまわりに 彼女のまわりに
僕の心にもが降り積もってく

雪で隠した景色が殺風景を取り戻す
肩から落ちたマフラーをちゃんと直して歩き出そう
彼女と僕とのケンカもこんな風に
凍り付いた気持ちがだんだん溶け出して
綺麗な川になれるといいね

雪が降り積もる
彼女のまわりに 僕のまわりに
君の心にも白く染め上げる

分からないと思ってた彼女のこと
雪で覆わずに見つめてみれば
大切な事に気づいた 気がした

雪が降り積もる
彼女の心に 僕の心に
道の片隅では まだ雪が輝いてる…

「「拝啓、親愛なるヒカルに告ゲル」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く