話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

「拝啓、親愛なるヒカルに告ゲル」

コバヤシライタ

第一部「星の船」①

「星の船」

星の光を浴びて

道と草と脱ぎ捨てた自転車が揺れる

僕は光を避けるように

この町で一番高いところにかけ昇る


伝えたいことはいつも嘘になるくらい不器用なのさ

写した宿題も教えたトリビアも全部嘘にしておいて


海が空に恋をして

境目がどんどん消えていく

思いをたくさん背負って出発した

船の行き先は星の海


空を漂う星の船

夜だけ運ぶ定期便

空を漂う星の船

夜に運ぶ定期便

「「拝啓、親愛なるヒカルに告ゲル」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く